土日・祝日も空いてるイオン銀行で土曜日に口座振替の手続きをしてきた

銀行手続きって結構待たされる。ちょっと手続きするだけだからと思って、半休取ったら出社時刻ギリギリ・・・とか毎度そんな失敗をしてました。

現在、私は職業訓練に通っています。この職業訓練が、平日9時~17時みっちり授業がある上に、これがありがたいことに2年もあるため、平日ほとんど銀行・役所の手続きに行けません。

有休という考え方ももちろんないので、手続き関係は会社員時代より、やりづらいかもと感じます。

で、銀行が土曜日もやってくれていたらいいのになぁ~と思っていたら、なんと年中無休の窓口営業をやってる銀行がありました!

しかもお近くのイオンスーパーの中にあるかも「イオン銀行」です。

スポンサーリンク

イオン銀行を開設、口座振替の手続きをしてきた

イオン銀行を開設したのは夫なのですが、特に私の方では興味はなく

妻「ふーーん、銀行口座作ったんだ~」

ぐらいの反応でした。

ですが、このたび年末調整で発覚した、妻(私)の国民年金と国民健康保険の引落口座を夫名義にしなければならない問題に関連して、この引き落としをイオン銀行から行いたいとのこと、土曜日に窓口に一緒に行かないかと誘われたんです。

妻「土曜日に窓口開いてるの?」

夫「うん、9時~21時まで開いてるんだよ」

土日に開いている銀行窓口って、資産運用とかで、口座振替とか系の手続きってできないんじゃないの?って思いながら(疑いながら)ついていったんですけど、イオン銀行は本当に土曜日に窓口営業してました。口座引落の業務もやってます。

土日・祝日も行ける!イオン銀行の窓口業務

疑ってすみません。イオン銀行の窓口業務は365日24時間 9時~21時でした。


したがって、土曜日に口座振替の申し込みができました(ただし国民健康保険の方はできなかった、これは後述。)

そして、土曜日なのに結構すいてた。都市銀行なら土曜日に営業なんてしようもんなら、平日でもすごい待ち行列なのに、えらいことになりそうだが。

ほぼ待ち時間なし。ちなみに、私が行ったときは、口座振替の手続きの途中で

「少しお時間いただきますので、店内ごらんいただいて、お時間になりましたらお電話でおよびいたしましょうか」

と言ってくれたので、全然オッケー、もともとイオン店内だし、呼ばれるまでブラブラしてました。

衣料品コーナーをブラブラして、試着なんかしながら待ってました。

ちゃっかりか、まんまと衣料品を購入しました。

働いていたり、平日身動き取れない方も、土日に通える銀行って便利だなぁと思う。しかも待ち時間にイオンでうろうろできる。

新しい銀行!って感じです。

「平日の激込み銀行からの、卒業じゃ~」

イオン銀行のメリットは土日窓口営業だけじゃない

イオン銀行の窓口営業意外でいいなと思った所です。

普通預金の金利が高い

イオン銀行は、ステージによって普通預金の金利が変わるので、イオンをよく利用する人にはうまくすると金利が上がるかもです。

適用なし:0.001% ← 私のメインバンク(某都市銀行)は常にこれ
ブロンズ:0.050%
シルバー:0.100%
ゴールド:0.100%
プラチナ:0.120%

「ゴールド」「プラチナ」辺りまで自分のステータスを挙げるのは難しそうなんですが、少なくとも、「シルバー」になれば、今の某都市銀行の金利の100倍です。

100万円だと10円(0.001%)、1,000円(0.100%)の違いってことで、うっかりATM手数料なんかの補てんぐらいにはなりそう。

このシルバーというのが、「イオン銀行スコア」が50点以上ってことなんですが

あまり無理しないでスコアを獲得できそうなものを探してみました。

「⑤インターネットバンキングのご登録」の30点。これは得点なくてもやりそうだけど、30点ももらえるんですな。

「⑨給与のお受け取り」ができればさらに30点。この時点でシルバーになれる。

でも給与の振り込み口座って結構融通きかないこともあるよなぁ。

そんな時は、買い物でどれだけイオンを使うか。
「⑥イオンカード利用代金のお引落し」「⑦WAONのご利用金額」が10~100点なのでここ買物でどのくらいイオンに寄せられるか。

少なくとも、給与の受取口座が指定できるなら、イオン銀行の普通預金のメリットは受けられそうです。

店内のATM手数料がいつでも無料

私の住んでいる地域には、何故か、都市銀行のATMがほとんど見当たらず、銀行ATMは通学途中の駅で途中下車しないと使えません。したがって、ちょくちょくコンビニのATMで落として手数料とられちゃってます。

だったら、イオンの店内のATMで手数料無料なら、かなりハードル下がる。ありがたい。
ちなみに、ミニストップにあるイオン銀行ATMも無料だそうです。

口座振替で感じたイオン銀行のデメリット

なかなかの好印象のイオン銀行なんですが、今回口座振替でデメリットを感じてしまいました。

国民健康保険の口座振替が(窓口では)できなかった。

国民年金はできたんですけどね、国民健康保険の方は出来るかどうか、市役所に要確認とのこと。でもホームページで確認すると取扱い金融機関は都市銀行とこの辺りの地方銀行ぐらい。イオン銀行は入ってないですね。

そんな感じで、現在我が家で口座振替になっている(なる予定も含め)引落を考えてみると

・水道(×)
・国民年金(〇)
・国民健康保険(×)
・県民共済(×)

という感じで、私の住んでいる市関連の引落口座は軒並み駄目っぽいです。

とするとね、口座振替の大部分は都市銀行側に残すとしたら、銀行手続きの大半って、むしろこの残った口座振替ものがメインじゃないのと思えてきた。

つまり、クレジットカードの引落が出来る電気とかガスとかはまあいいんだけど、口座振替しか駄目よっていう融通きかない感じの市関連の引落は、都市銀行、地方銀行が優位なんだよね。

じゃあ、やっぱりその辺の手続きには平日の毎度、激込みの都市銀行に行かにゃならんわけで、これじゃあ、土日営業のイオン銀行の口座持っている意味がちょっとね。残念です。

イオン銀行を上手に利用する方法(案)

というわけで、意外と市関連の口座振替に難ありと思われるイオン銀行なんだけど、相変わらず

・普通預金の金利が高い(くなる可能性がある)
・ATMがイオンにある

っていう利点は利点だと思います。

なので、

イオン銀行と都市銀行の2銀行を持っておいて、給与振り込みを8:2ぐらいにする。でイオン銀行から引き落としできないものを都市銀行のままにする。

っていうので、どうだろうか。

イオン銀行を給与振り込みの銀行にしてしまえば、普通預金のシルバーにも手が届くし、引き出しなんかもイオン店内で無料。

都市銀行側には相変わらず、口座振替が都市銀行のみっていうものの引落が残るけど、給与振り込みの配分をある程度余裕もたせれば、貯金口座としての役割も果たせそう。引き落とされなかった分はそのまま貯金~な流れで。

夫がメインバンクをイオンカードにするかどうか、これからの口座引落の手続きしだいかなぁということなんですが、引き出しがイオンで出来るようになると私も嬉しいです。ただ、イオン銀行の普通預金の金利が高くて(シルバーで0.100%)、定期預金してくれなくなるんじゃないかという(積立の定期預金は0.080%)。

「しまった、こんな落とし穴が・・・」

定期預金が大好きな私にはちょっと心配です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする