【料理】味付けを覚えられないエクレアのワンパターンなレシピ(中華編)

この【料理】ワンパターンシリーズは、味付けをいまいち覚えられないエクレアが、料理づくりをシンプルにしようと「味付けの覚えやすさ」にこだわってパターン化したレシピを紹介しています。

今日は(和食編)に続く、(中華編)です。
和食編はこちら→【料理】味付けを覚えられないエクレアのワンパターンレシピ(和食編)

でも中華編はワンパターンどころか5パターンになってしまいました。あらかじめ、すみません。
ただし、出来るだけ似せていますので、最後のまとめまでお付き合いいただけると嬉しいです。


中華おいしいですねぇ。

スポンサーリンク

目次

  • 中華の調味料
  • 中華料理パターン
  • A. マーボー豆腐
  • B. エビチリと酢豚
  • C. チンジャオロースとホイコーロー
  • D. 八宝菜と野菜炒め
  • E. 春巻き、シュウマイ、ぎょうざ
  • 味付けパターンまとめ

中華の調味料

最初に中華の調味料について。

中華あじ

鶏ガラ使っている方も多いと思います。その場合は読み替えてください。同量でオッケーです。

中華あじ(または鶏ガラ以下同じ)の注意点は、「たくさん使わないこと」。
エクレア的には2人前「小さじ1」で十分です。細かいこと言うと、「小さじ0.7」くらいです。

沢山入れるとジャンクな味になってしまいます。でも少量だと美味しい。

豆板醤、オイスターソース

豆板醤も料理では2人前「小さじ1」しか使わないので、チューブタイプで十分です。あまり入れるとニンニク臭いので、単純に辛さを足したい場合は、とうがらしなど追加するとストレートに辛くなるかなと思います。

オイスターソースは「C.チンジャオロースとホイコーロー」でしか使わないのですが、他で代用できない味なので、「C」作りたい方は小さな瓶でOKなので購入ご検討ください。

しょうゆ

和食のときはしょうゆが主役でしたが、中華では基本的に2人前「小さじ1」しか使わないです。例外あります。

中華料理パターン

おうちで作る中華料理で、同じ味付けでパターン化したのがA~Eです。

A.マーボーはみそ味。
B.エビチリはケチャップ味。
C.チンジャオロースはオイスターソース味。
D.八宝菜は何だろう、中華味?
E.春巻き~ぎょうざは、下味ついていればまあいいよね。

という分け方です。

A. マーボー豆腐

豆板醤・中華あじ「小さじ1」
酒・砂糖「大さじ1」
味の特徴を出す調味料として、
みそ・しょうゆ「大さじ1」です。

ここで冒頭の「中華では基本的にしょうゆは小さじ1」を無視しているのですが、マーボー豆腐に関しては、「みそしょうゆ味」を作るためということで例外です。

ちなみに、エクレアが使っているみそは「信州みそ」「田舎みそ」「合わせみそ」系の黄土色?のみそです。

材料

白ネギ(1本)、ひき肉(1パック:200gくらい)、豆腐(1丁)
水(300cc)、塩コショウ、水溶き片栗粉
豆板醤・中華あじ(小1)/酒・砂糖(大1)/みそ・しょうゆ(大1)

作り方

白ネギみじん切り、ひき肉を炒めて、塩コショウ。
調味料と水と豆腐を入れて煮立たせる。
仕上げに水溶き片栗粉を入れる。

中華って、「炒めて→塩コショウして→水溶き片栗粉」という単純パターンが多くて助かる。

B. エビチリと酢豚

豆板醤・中華あじ・しょうゆ「小さじ1」
酒・砂糖「大さじ1」
味の特徴を出す調味料として、
ケチャップ「大さじ3」と酢豚の時だけ酢を「大さじ2」です。

エビチリの作り方:

材料

白ネギ(1本)、えび(好きなだけ)、塩コショウ
豆板醤・中華あじ・しょうゆ(小1)/酒・砂糖(大1)/ケチャップ(大3)

作りかた

白ネギみじん切りとエビを炒めて、塩コショウ。
調味料を入れて炒める。

酢豚の作り方:
省略です。豚肉と玉ねぎ、にんじん、ピーマン炒めて~です。

C. チンジャオロースとホイコーロー

中華あじ・しょうゆ「小さじ1」
酒・砂糖「大さじ1」
味の特徴を出す調味料として、
オイスターソース「大さじ1」です。

チンジャオロースの作り方:

材料

ピーマン(1袋)、細切りたけのこ(1パック)、カルビか牛肉(300gくらい)、塩コショウ
中華あじ・しょうゆ(小1)/酒・砂糖(大1)/オイスターソース(大1)

作り方

ピーマン、細切りたけのこ、カルビをそれぞれ炒める(カルビのたれ捨てる)。
塩コショウして、全部まぜて調味料加えて炒める。

最近、牛肉ではなく味付きのカルビを使うようになりました。素直に美味しいので。ただし、カルビのたれは焼いた後、捨ててください。肉についている分だけで十分です。でないと、全体がカルビ味になってしまいます。

ホイコーローの作り方:
省略です。キャベツと豚肉で♪

D. 八宝菜と野菜炒め

実は「D.」のパターンは覚える必要がありません。なぜなら、パッケージの裏に書いてあるから♪

中華あじ「小さじ1」、酒「大さじ1」とコショウでOK。

こんなんで味つくの?って最初疑ってたんですけど、大丈夫です。コショウしっかりめにしましょう。

というわけで袋の裏の通りに作るのでレシピ省略。

E. 春巻き、シュウマイ、ぎょうざ


こちらは下味つけたいだけなので「みんな小さじ1シリーズ」です。

中華あじ・しょうゆ・さとう・ごま油「小さじ1」

材料

春巻き:ひき肉(200gくらい)、キャベツ1/4個
しゅうまい:ひき肉(200gくらい)、玉ねぎ1個
ぎょうざ:ひき肉(200gくらい)、にら1/2束、キャベツ1/4個

作り方

まぜて、塩コショウして、下味付けて、つめましょう。

春巻き:低温(160~170度)でじっくり揚げるがポイント。
しゅうまい:フライパンに水→足のあるお皿→野菜→しゅうまいの順にいれてふたして蒸す。
ぎょうざ:フライパンに油をひいて焼く、水を入れてふたして蒸す。

味付けパターンまとめ

味付けをまとめるとこうなります。

あ、塩コショウは分量外でいつも振ってください。塩コショウしっかりめにした方が、味がしっかりします。

これをどう覚えるかなんですけど、Dはパッケージに書いてあるので覚えなくていいとして、Eもどうせ下味なので、もう、うろ覚えでオッケー。

豆板醤と中華あじとしょうゆはいつも小1
砂糖と酒はいつも大1
それ以外は各々の特色の調味料を入れるので個別に覚える必要あり。

というぐらいでしか関連付けられないかも。。

何回か作ったら覚えるか、な。。


いちご、あんず:えっ?

ワンパターンどころか5パターンになってしまった(中華編)。
でも出来るだけ調味料の分量など寄せてみました。どれか一つでもお役に立ったら嬉しいです。

(洋食編)もこの分だと何パターンかになってしまいそう。

最後までお読みいただいて、ありがとうございました。
では、さようなら。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。