もう迷わない 一人当たりの食器の適正量♪

食器はどのくらい持っていますかヽ(・∀・)ノ

エクレア家では、結婚当初にとりあえず適当に安価な食器を2人分そろえました。今は当初揃えた食器と、気に入って追加した食器があり、量も少し増えてきました。

ただ、最近は気に入って買ってみた食器が、使ってみると何だか使いづらなと。原因を考えてみると、手持ちの食器以外のサイズや色に手を出してみたものの、もともと持っていた食器の方が使い勝手が良かったため、無理に種類を増やしても活用できなかったです。ちゃんと持つべき食器の種類、用途を考えてから増やすなり交換していかないとな~と思います。

今日は普段使いから特別な用途の食器まで、日々の料理が問題なく支度でき、かつダブりが無い状態の食器の適正量について考えたいと思いますo(・ω・´o)

スポンサーリンク

目次

  • 普段づかいの食器の適正量(一人当たり)
  • 特別な用途の食器
  • お客様用の食器

普段づかいの食器の適正量(一人当たり)

大皿以外の平皿

大皿以外の平皿は、朝晩ほぼ毎日利用シーンがあります。できれば使いまわせた方がいいけれど、この3種類は持っていた方がスムーズだなと思います。

  • 20cm(平皿)モーニング
  • 18cm(立ち上がりのある皿)何か一品
  • 13~15cm(小皿)ケーキ皿

エクレア家大皿以外の平皿には20cm、18cm、14cm、13cmの平皿があります。

大きい順に20cm(白)、18cm(水色)、14cm(白)、13cm(青色)。

20cm(白)の平皿はふちに立ち上がりが無く、フラットな形です。そのため、皿の端まで使えます。朝食の時、2~3品を同時に乗せられます。

18cm(水色)の平皿はふちに立ち上がりがあります。立ち上がりのあるお皿は、何か一品メインの品を入れたいとき、それなりによく見せてくれます。完全なフラットのお皿だと、何だか美味しく見えないのです。
フレンチとかおしゃれな料理はフラットのお皿に乗っているのをよく見かけますが、普通の家庭料理を盛り合わせるには立ち上がりがあるお皿の方がよく見えると思います。

14cm(白)、13cm(青)
小皿として2種類ありますが、13cm(青)の方は使いづらく、要らないなと思っています。
濃い青色が気に入ったのですが、載せたものがどうしても美味しそうにみえないのです。お醤油をたらすにしても白い小皿の方が明るくておいしそう。小皿が何枚も必要ということもあまり無いので、一つで良さそう。

小鉢

  • 13~15cm(小鉢)湯豆腐、サラダ、取り皿
  • 13~15cm(ガラスの小鉢)デザート

小鉢シリーズは15cm(白)、14cm(ガラス)、14cm(模様)

15cm(白)は、正方形のミニサイズの豆腐がちょうど入る大きさです。深さもそこそこあるので鍋の取り皿などにも重宝します。14cm(模様)は15cm(白)の代わりにと購入したのですが、小さくて使い勝手が悪いです。底にむけてすぼんだ形になっていて、見た目より入らないため、あまり使えませんでした。

14cm(ガラス)は、果物やデザート、サラダなどに使えます。無くたって何とかなるガラスのお皿。やっぱり欲しくなるのは単なる見た目の問題ですが、何となくオシャレに見せてくれる効果もあるし、あった方が便利だなと思います。

大皿・どんぶり

パスタ、カレー、豚カツに丼もの、麺と美味しくて簡単な料理には大皿・どんぶりは必須。
場所は取るけれど、あると楽なので普段使いの食器リストとして。

  • 15cm(どんぶり中)親子丼、スープ
  • 18cm(どんぶり大)ラーメン、うどん、そば
  • 24cm(大皿)カレー、パスタ、豚カツ

(↓)こちらのお皿ですがサイズは、20cmか26cmのようです。

茶碗・汁椀・コップ

茶碗、汁椀、ガラスのコップとマグカップは一通り。

  • マグカップ
  • ガラスのコップ
  • 茶碗
  • 汁椀

普段使いの食器まとめ

  • 20cm(平皿)モーニング
  • 18cm(立ち上がりのある皿)何か一品
  • 13~15cm(小鉢)湯豆腐、サラダ、取り皿
  • 13~15cm(小皿)ケーキ皿
  • 13~15cm(ガラスの小鉢)デザート
  • 15cm(どんぶり中)スープ、親子丼
  • 18cm(どんぶり大)ラーメン、うどん、そば
  • 24cm(大皿)カレー、パスタ、豚カツ
  • マグカップ
  • ガラスのコップ
  • 茶碗
  • 汁椀

各12種類が1人1枚づつあると大抵の料理で困らないかなと思います\(^o^)/

特別な用途の食器

特別な用途の食器は持たないとか、何かで兼ねるかと悩んでしまうのですが、持つかどうかの基準は「持った方が楽か?」という基準で選んでいます。

たとえば、頑張ればグラタン皿は他のお皿でも代用できるのですが、やはり底の浅いものの方が作りやすいです。頻度は多くても2カ月に1回ですが、それでも年に6回も使います。無理に代用せず、専用の器で作った方が楽なので持っています。

  • 角皿
  • グラタン皿
  • お重
  • ワイングラス
  • おちょこ

エクレアは上記すべて持っているわけではないですが、代用できなさそうなもの。料理を担当する奥さんがあった方が楽なものは無理せず持った方がいいと思います。

エクレアはグラタン皿のほかにお重を持っています。お重無しでおせちを作ったら(お皿に盛るだけ)、労力のわりに報われない感じがしてしまいました。小さめのお重なら分量が少なくてもあっという間に詰められて、達成感もあり、かえって楽ができます。お正月だけでなく、春はちらし寿司なんかを詰めるアイディアもいいなぁと思います。思うだけかもしれませんがヽ(・∀・)ノふふ。

(↓)さくらのお重。このお重のちらし寿司が入っている画像に触発されて。こんなの作れたら超可愛いなと。。

お客様用の食器

お客様用の食器は少し持っておくようにしています。
お客様用に特に高級なものを持ちたいわけではなくて、普段使いをできるだけ最小限にしたいので、お客様が来た時のことを考えて多めに持つということが、エクレア的にはちょっと無理だからです。

自分用のものがないと落ち着かないかなという基準で

  • お茶碗
  • 汁椀
  • 取り皿
  • コーヒーカップ
  • ガラスのコップ

といったものを持っています。普段の食器とは別の場所にしまっています。

食器選びは楽しいですね。適正量をオーバーしてしまう時もありますが、出来るだけ意識して増えすぎない程度で楽しみたいなと思います。(^-^)

↓↓↓お料理版ブログを始めました。
メイン料理80種類達成を目指して日々レシピを更新しています(・ω・)ノ
エクレアの簡単レシピ80

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。