古いふすまをオシャレな壁紙で張り替えてみたよ

長いこと気になっていた、猫の爪あとボロボロ状態のふすま

久しぶりに壁紙で張り替えることにしました。

何だかスッキリしたくて、白無地にしていたのですが、やっぱり殺風景なので控えめに模様のある壁紙を選びました。

ふすまを変えるのは、壁紙を変えるより心理的負担が少なく、でも結構なスペースなので手軽に部屋のイメチェンが楽しめておすすめです。


「よし、がんばろー」

スポンサーリンク

ふすまを壁紙で張り替える

わが家はかなり古い中古の家です。

今から5年前くらいのことです。社会人7年目、独身(女性)の頃に中古の一戸建てを買いました。 「家を買った」と言うと 「すごい...
前日の中古で買った家のこと(その1)のつづきです。 私が中古の一戸建てを買った理由と今思っていることを書きたいと思います。 ...

家を買って、業者リフォームしたとき、予算がまわらなくて、一部の壁紙を自分でリフォームしました。この時見つけたのが、壁紙屋本舗の「生のり付き壁紙」という商品です。

壁紙に生のりがついていて、素人でも比較的簡単に貼れます。

ふすまにも簡単に貼れるので、我が家ではふすまには壁紙を貼っています。

ふすま紙もモダンな柄は出ていますが、やっぱり壁紙の方が種類が豊富。

今回購入したのは、1階のリビング用に↓

■ウィリアム・モリス SLW-2559(グレージュ)

2階の夫の部屋用に↓

■紀尾井の壁紙 SLW-2489

それぞれ4mを購入しました。

もとのふすま紙をはがす

もともと、ふすま紙の上から貼っても大丈夫なので、この工程はあっても無くても良いです。

しかし、我が家はふすま紙の上に壁紙が3枚重なっていて(これまでに3回張り替えた、というか上に貼った)、ちょっと厚くなり過ぎていたので剥がしました。

壁紙は端をカッターナイフなどで浮かせれば、スーッと剥がせます。壁紙の柄じゃない接着面の薄紙は残りますが、これは残しておいても良いそうです。

過去に貼ったカモメの壁紙がうっすら出ています。

実は貼るより剥がす方が結構大変です。

もともとがふすま紙がついている程度なら、剥がしの工程を省いて、上から貼ってしまった方が断然楽だと思います。

ちょっと休憩。。

おにぎりは美味しい。

壁紙を貼る

ここから先は中断できないので、体力持たなければ別日にした方が良いでしょう。この時点でけっこうクタクタでした。

しかし、せっかくの休日を何日もつぶすのが嫌なので頑張りました。

壁紙には、生のりとメモリの付いたセロファンがくっついているので、ふすまの大きさに合わせて切ります。

少し大きめに切って、貼ってからカッターナイフで切ることもできます。

工具はこれを使います。

真ん中の「黒いブラシ」で全体的にならして、ふすま本体と壁紙の間の空気を抜きます。

左の「ローラー」は壁紙を貼るときは、2枚のつなぎ目の部分を圧着するために使いますが、要するに、『しっかり貼り付けたい部分』をごりごりするのに使います。

右の「歯がついているもの」はこれで押さえながらカッターナイフで直線を切ったり、単純に端にしっかり圧を掛けたいときに使います。

単品でも、初心者セットでも買うことができます。私は昔初心者セットを買ったのですが、見当たらなくなってしまい、今回単品で3つを買いました。

貼り終えたら、ふすまの位置にもどします。別の場所に立てかけて乾かしたりすると、わん曲して乾いてしまうことがあります。

ふすまのもとの位置に戻すのに苦労するという事態が過去にあったので(でも結局もどったけど)、貼ったらすぐ元の位置にがいいと思います。

こんな感じです。

「あら素敵!」

隣のなんちゃって床の間の小さな収納スペースもお揃いで貼って

「なんて素敵!!!」

ひと仕事やり切って満足です。

このあと、夫の部屋のふすまの壁紙も張り替えました。(写真ナシ、疲れました)

残った壁紙を楽しく使う

のこった壁紙は、我が家の犬・猫によりはがされてしまった部分の補修に使いました。
■トイレのドア

まさかの柄on柄

■壁の下部分

はがれた部分は一部なのですが、その部分を隠すように横幅全体を貼った方が自然に見えたので(見えないかも)、贅沢に使いました。余っても、捨てるものだし。

付録の雑誌でひと工夫

今回、壁紙と一緒に輸入壁紙の雑誌が同封されていました。

どのページも(部屋に貼るかは別として)素敵な模様の壁紙です。

捨てるのが惜しいので、先日買った100均の手帳に雑誌の一部を切り抜いて入れてみました。

ダイソーでおしゃれなクリップと遅ればせながら今年の手帳を買ってきました。 挟んでも文字が見えるクリップ よくある黒いプラスチック...

インテリア好きの私には、こういうデザインは毎日見ても飽きません。

何とも頑張った一日でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする