寒い冬こそ 週末お出かけしない日の暇つぶし「断捨離」「整頓」「模様替え」

休日の朝ごはんを用意しなくて良くなったので、休みの日の朝は電気毛布にくるまれて幸せを噛みしめています。

何も休日にまで、眠い目をこすって朝ごはんを作ってあげるなんて、私もよく頑張っていたもの。

大の大人(=夫)が自分の朝食を用意できないってわけでもないんだし、もっと早くから白旗を挙げていれば良かったです。

布団でゴロゴロしていると、今日何しようかなぁ~と悩む週末もあります。

先週はお出かけしたしな。今週末はゆっくりしたいと思ってたんだ。

近場をブラブラするかな。・・・でもお金使いたくないしな~。家でのんびりしようかなぁ。

あ~あ、何しようかな~。

本当に暇人みたい。。そんな日に高確率で候補に挙がってくるのが「断捨離」「整頓」「模様替え」です。

スポンサーリンク

どうせ週末をつぶすなら、来週以降のためになることをしよう

私が暇つぶしに「断捨離」「整頓」「模様替え」するのは、ちょっと時間をとらないと出来ないことを週末にやっておくと、それより後の平日が楽になったりするから。

週末ゆっくり録画したテレビを観よう~なんてのも魅力的ですが、楽しみだけの時間より後のお楽しみのために費やした時間は、満足感があります。

ま、もともと断捨離など自体が楽しいということもありますが。

「断捨離」したくなるのはストレスが溜まっているとき

私が断捨離したくなるのは、何かストレスが溜まっているときが多いです。
物がギュウギュウでそれ自体がストレスの時もあれば、全然関係なくて「何か捨てたい」っていう時もあります。

そんな時のお勧め断捨離ポイントです。

洋服を吟味する

洋服の要否を考えるのは、比較的気持ちも楽に取り組めます。痛んでいたり、もうあまり着なかったり。思いきれなければ、一時保管ボックス行きです。

そうしてきれいになったクローゼットを見るのはストレス解消になります。

土曜日にこれをやったら、日曜日は心かるくお出かけできます。新しい洋服とも出会えるかもしれないし。

最近は、洗濯乾燥ができるおしゃれな洋服に変えていきたいという気持ちもあります。

押し入れ、天袋の中

何か捨てたい、そんなとき、必ず1個は捨てるものが出そうだから(笑)。実際、心身ともに疲れている時、要・不要の判断が出来なくて、とりあえず押し入れに放り込んだものが、「今日は断捨離しよう」ってときに冴えた頭で判断ができます。

本が捨てられないのは、知識に対するコンプレックスだったりするそうで、それは確かに私には当てはまります。

なので、ああ読み終わった、捨てよう。

てな具合に、読んだら捨てってわけにもいかず、気が付くと溜まってしまいます。

一度読んで、一行でも役に立ったら、その本の存在価値はあるわけで、手放しても問題ない場合がほとんど。

でも、どうしてもその一行を忘れてしまうのが嫌で、本を捨てる前に一呼吸が必要です。
かつて本棚一杯の断捨離をしたころは、もうなりふり構わず捨ててしまいましたが、今は捨てる前に、読書アプリに感想を残しておきます。

そして廃棄。どうもありがとう。

私が使っているのは、読書日記というアプリです。自筆ノートからアプリに転向しました。

思い出ボックス

断捨離の一番最後にとこんまりさんが言う思い出の品。その教えに従い、本当に後回しになった思い出の品。暇で暇でしかたがないくらいの心の余裕があるときに、写真に残しつつ、さようなら。

いつかは向き合わなきゃと思っていた場所に手が入ると自分がほんの少し救われたような気がします。

「整頓」は明日の自分へのプレゼント

ここがパンパンだ。何だか使いづらい。そんなモヤモヤを抱えて平日をやり過ごしていたら、暇な休日に「整頓」をするとスッキリ。明日の私はここを気持ちよく使えていることだろうと思うとワクワクします。

最近整理した押し入れの中。ここは家事のものと、リビングを主活動場所とする私のものが収められていて、何度整頓しなおしても、いつもああしたいこうしたいと直している場所。整頓好きの私には楽しい暇つぶし場所でもあります。

■ちぐはぐの収納棚の組み合わせ(before)

■カラーボックスを入れて自分キレイに(after)

この時の整頓では、押し入れ半分を家事関連のものにまとめるという目的が。
家事関連の用事があるときに、「これは左」「あれは右」「あれはええと左、じゃなくて右」と押し入れの扉をバンバンしなくて済むようになって、私の心は幸せです。

もっと早くやればよかった。

季節の変わり目は「模様替え」

私の大好きな天沼寿子さんいわく、季節外れの家電などをこまめに片付ける、というのはスッキリしたお家を保つのに大事な考えなのだそうです。

ついつい、もう扇風機出しっぱなしでもいいかな~なんて思いをぐっとこらえて、きちんと片付けてみると確かに思ったよりスッキリと心の重みが取れるような気持ちです。

今回は12月初めの週末ということで、リビングテーブルをこたつに変更しました。

■リビングテーブル(before)

■こたつ(after)

ツリーも飾りました。

この時期、撤去したリビングテーブルはどこに行くかというと、私の寝室です。

なんだか、狭くなった・・・?というか、机が入ると学生時代の自分の部屋っぽくなるんですね。もう少しスッキリさせたいところですが。

こたつだと食事の時に狭いので、補助テーブル的な籐のテーブルをくっつけます。

ということは、もともと長方形のこたつにしておけば良かったのだろうか・・・。

ヘリンボーン柄の長方形こたつ可愛いな。。まあ、保管場所を取るしいっか。

「模様替えしなきゃ、季節家電を片付けなきゃ。」

楽しい様な、面倒なような。でも夏仕様、冬仕様の2バージョンだと思えば、年に2回のどっこいしょです。やり切った私を褒めて、今年をしめくくりたいと思います。

寒くなる季節、明日、来年に向けてお片付けしておきたいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。