中古リフォームしてIKEAのキッチンを入れました

築30年越えの中古で買った家に住んでいます。
中古で買った家のこと(その1)
中古で買った家のこと(その2)

リフォームの時にプランナーさんが持ってきたキッチンのリフォーム予算が100万、200万の話しか持ってこないので、嫌気がさして

「う~ん。キッチンはIKEAにしますわ。」

と宣言しました。

IKEAのキッチンって業者さんには嫌われるんですね。

IKEAのキッチンを入れると言ったとたん

「はい、自分でやってね~。」

な感じになるので、ちょっと不安になります。

でも、大丈夫ですよ。IKEAでキッチンを買うと指定の業者さんがやってきてくれます。

スポンサーリンク

キッチンリフォーム ビフォー・アフター

ビフォー

ま、築30年越えですので。荒れてますが。

アフター

IKEAのカントリーな感じのキッチンです。

吊戸棚がありません。

これはちょっとした手違いで、本当は入れるつもりでした。

作業台下のスペース

左右は「扉と棚」で入れるタイプ

真ん中は「引出し」になっています

奥行ゆったりなので、食器は基本的に中央の引き出しの中に収めるようにしています。

IKEAのキッチンの入れ方流れ

エクレアがキッチンを入れたときの流れです。

【リフォーム業者】にIKEAのキッチンを入れると伝える

最初に、リフォーム業者にキッチンはIKEAで入れると伝えます。
なので、台所は床と壁のリフォームだけをお願いしておきます。

【IKEA】のキッチンを申し込む

IKEAにキッチンプランを申し込みます。

IKEAに行くとキッチンの展示コーナー

その近くに相談コーナーがあります。

ここでプランを最初に相談します。エクレアは展示されているキッチンにイメージに近いものがあったので、こんな(展示の)感じで~と伝えました。わりとさっさと話が進みました。事前に測量もしておくと具体的に話ができます。

プランが決まると、そのプランで入れられるかどうか事前の測量(必須、9000円くらい)があります。

【IKEA】の事前測量(必須)が来て最終決定

【IKEA】図面を受け取る(※)

プランが最終決定すると、図面を受け取ります。水道管とガス管の配置をここに配置してねという図面をIKEAの方で書いてくれるので、それをキッチンの床まわりのリフォームをする方の業者さんに渡します。

どこが業者とIKEAの線引きになるか、きちんと把握する必要があります。

ここまで来たら

先にリフォーム業者にキッチン周りをリフォームしてもらいます。

【リフォーム業者】床と壁(水道管、ガス管)のリフォーム

周りが出来たところでIKEAに引き継ぎ、

【IKEA】キッチン搬入

IKEAのキッチン搬入はたった一人の職人さんが来て、一日でやっていました。

他の場所はリフォーム業者に任せておけば最初から最後までやってくれますが、IKEAのキッチンを入れる場合は引き継ぎ部分をちゃんと自分でコントロールというか、理解しておくことが大切です。

エクレアの場合は、水道管とガス管の配置をリフォーム業者が間違えていたので、図面通りにやり直してくださいと伝えるところがありました。

事前に要望していたことなので、もめることなくやり直してくれて、ホットしました。

不安だったけど、リフォームの方の業者さんもIKEAの方もきちんと自分の範囲の仕事をしてくれました。

リフォームはやると決めたら根性据えて、業者さんを信頼するのが基本。天沼寿子さんのうけうりです(笑)。

IKEAのキッチンを安く仕上げるこつ

IKEAのキッチンは、パーツを組み合わせて決められます。

なので、こだわりが無い部分は安いパーツを選ぶのが安く仕上げるこつになります。

このキッチンもおおまかには

・天板
・左側(両開き)
・真ん中(引き出し)
・右側(片開き)

の4つから成るパーツを選んで

あとは、

・流し
・蛇口

・扉の取っ手

など細かなものを決めていきます。

それぞれ、値段が違います。

例えば「扉の取っ手」

デフォルトで勧められたパーツは1個3,000円くらいする銀色のパーツでした。

私はもう少しカントリーな感じにしたくて、別のものを探していたら、黒いもので300円くらいのものに出来ました。

数があるので、全体の金額にもけっこう響きます。

日々の天板のお手入れ

IKEAの天板って、木目がカントリーな感じで大好きなのですが、実は自分でお手入れしなさいと言われます。

なので、自分でやすりをかけたり、オイルを塗ったりしました。

・・・ええ、最初の1年目に2回くらい。

も、もう、やめました。

ちょっと凸凹してきた気もしますが、まあ、いっかという気になっています。

IKEAの業者さんに、もし全然手入れしないとどうなるのかと聞いたら、

買ってから一度も手入れしなかった家庭で、天板に裂け目ができたことがあるそうです。

でもそれって、もともとの天板の木の性質?運じゃないかと思います。

割れ目ができるほどってのは。オイル塗っても割れたかもしれないしさ。

という程度のお手入れです。つまりもう、全然していません。

IKEAのキッチンの感想と後悔しているところ

自分好みの雰囲気で、安く入れられたので、全体的には『すごく満足』しています。

毎日、

「かわい~~、うふふふ。」

って思います。

でも、後悔しているところもあります。

吊戸棚がつけられなかった

もともと吊戸棚をつけるプランだったのですが、リフォーム業者が壁にキッチンパネルを施工した後、IKEAに入ってもらったため、キッチンパネルで壁の下の柱の位置が分からなくなってしまいました。

キッチンパネルはお掃除しやすいので、満足しているのですが、貼る前に柱の位置を分かるようにしておいてもらえば良かったです。

コンロを付けなかった

コンロはアイリスオーヤマの2口コンロを置いています。

キッチンに埋め込み式にするのに、コンロ代込みで3万円くらいで出来たのに、なぜだかケチってしまいました。

ずっと後悔しています。

でもこのころ、家買って、リフォームして、引っ越し費用やらでどんどんお金が無くなりそうで心配になってしまった。。

でも後からはめんどくさいし、そのまま。

埋め込みだったら、作業台からコンロまでフラットなのにな~って良く思います。

まあそれでも

「かわい~、うふふふ。」

で帳消しになっているお気楽なエクレアです。

IKEAのキッチン、あまり入れている人にあったことが無いのですが、可愛いし、もっとお仲間が増えて欲しいな~と思っています。

IKEAキッチン仲間欲しい~ミ(・∀・ )彡

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
(↓)中古の家の関連記事はこちらですヾ(⌒▽⌒)ゞ
中古で買った家のこと(その1)
中古で買った家のこと(その2)
中古で買った家のこと 超ざっくりなリフォーム概算

無料見積で希望リフォームの最安値を見つけよう

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。