【料理】味付けを覚えられないエクレアのワンパターンレシピ(和食編)

今日は、料理づくりをシンプルに。「味付けの覚えやすさ」にこだわってパターン化したレシピを紹介したいと思います。(和食編)です。

料理が好きかと聞かれると本当によく分からないエクレアです。
そんなエクレアでも結婚後、まともに家庭に料理を提供すべく、それなりに努力してきました。

ただ、エクレアは料理に関するこんなストレスがあります。晩ご飯が作りたくなくなる理由が。

『レシピを見ないと作れない』『でも、レシピを見るのがめんどくさい』

レシピといっても工程は思い出せます。覚えられないのは、調味料の量・割合つまり「味付け」の部分です。

理想は、何も見ないでちゃちゃっと作れた母のように

『レシピ見ないで料理したい』

そのため、これまで作ってきた料理を、「味付けの覚えやすさ」にこだわって、整理してみました。

基本の味付けを覚えたら、その派生で何品でも作れるように。

覚えることは最小限に!もうレシピ見ないぜ!

という決意で臨みたいと思います。

多少の「ん?」は無視します(笑)。完璧な料理は外で食べよう。その方が、外食の感動も増すということで。

レシピはすべて夕飯のメインメニューを想定しています。
困るのはいつもメインメニュー。副菜はいくら覚えても、夕食うつには効果なしと思っています。

ちなみに、みりんは「本みりん」酒は「清酒」です。電子レンジは500W目安です。

我が家のグルメ家。マロン。

マロン:まずいご飯は食べませんわよ。

スポンサーリンク

目次

  • 基本の味付けは3・2・1だー
  • (基本そのまま)ごぼうの豚巻き
  • (しょうがを足して)なすと豚のしょうが焼き炒め
  • (酒とネギを足して)煮魚
  • (酢を足して)鶏と玉子のさっぱり煮
  • (水とだしを足して)鶏の煮物
  • (水とコンソメを足して)洋風おでん

基本の味付けは3・2・1だー

和食を作るときの基本の味付け、エクレア推奨はずばり。

  • しょうゆ 大さじ「3」
  • みりん 大さじ「2」
  • 砂糖 大さじ「1」

これを3・2・1の味付けとして覚えます。どれが3でどれが2か忘れてしまいそうでしょうか。
その場合は、もっと簡略化することも可能です。

  • しょうゆ 大さじ「3」
  • みりん+砂糖 大さじ「3」

3・3の味付け、というか1・1。このように簡略化してよい理由について。3つの調味料は、

しょうゆ = しょっぱい
みりん = 上品な甘さ
砂糖 = ねっとりした甘さ

という役割と考えます。

ここで、「みりん」と「砂糖」はちょっとだけ役割が違いますが、同じ『甘い』グループです。

しょっぱい「しょうゆ」=3 と、甘い「みりん」+「砂糖」=3 が同じになればよいのです。

基本の味付け

しょうゆ:みりん:砂糖=3:2:1

しょうゆが大さじ3もいらない。2でいい。というときは、

しょうゆ:みりん:砂糖=2:1:1

みりんが無い。そんな時。

しょうゆ:砂糖=1:1

というわけで、しょうゆとみりん+砂糖の割合があえばいいです。

ここから、この味付けを使ったレシピをご紹介したいと思います。

(そのまま)ごぼうの豚巻き


すみません、画像が「にんじんとインゲンを巻いたおせち」になっていますが、夕食的には歯ごたえのあるごぼうがお勧めです。
巻けるものならほかにレンコンでもいいです。

<材料>
・ごぼう 1本
・豚肉薄切り 250gくらい
・片栗粉 適量

★たれ(混ぜておく)基本そのまま!
・しょうゆ 大3
・みりん 大2
・砂糖 大1

<作り方>
①下ごしらえ
・ごぼうを12~3cmに切って、レンジで8分温める。
・豚肉を巻いて片栗粉をまぶす

③調理
・油をひいてごぼう巻きをこんがり焼く
・たれが焦げやすいので(弱~中火)にして★を入れてからめる

以上。

ごぼうを一人1/2本くらい割り当てれば、メインになります。
あまり小さく切りすぎると、メイン感がなくなり副菜的になってしまいますのでご注意を。
肉も沢山巻いてもよいでしょう。

(しょうがを足して)なすと豚のしょうが焼き炒め

<材料>
・玉ねぎ 1/2個
・なす 1袋
・豚肉 250gくらい

☆肉の下味
・塩コショウ
・酒
・片栗粉

★たれ(混ぜておく)
・しょうゆ 大3
・みりん 大2
・砂糖 大1
・しょうがチューブ 3cm これを足すよ!

<作り方>
①下ごしらえ
・玉ねぎはスライスする
・なすを乱切りにして水にさらす
・豚肉をビニール袋に入れ、塩コショウして酒をスプーン1杯入れ、片栗粉を適量まぶす(肉にまとわりつけばオッケー)

②調理
・油で玉ねぎとなすと豚をいためる。
・なすがしんなりしてきたら、★たれを入れて絡め煮る。

以上。

なすが無ければ単純に豚のしょうが焼きとしてもオッケー。

(酒とネギを足して)煮魚

<材料>
・魚切り身 2切
・ねぎの青い部分 ※白ねぎ1本買ったときに、青い部分を冷凍しておけばいいよ。

★たれ(まぜておく)
・しょうゆ 大3
・みりん 大2
・砂糖 大1
・酒 大3  これを足すよ!

<作り方>
①調理
・ネギと★たれを煮立たせる
・切り身を皮を上にして、アルミホイルをかぶせて5分
・煮汁をかけて様子見で3~5分

以上。

(酢を足して)鶏と玉子のさっぱり煮

<材料>
・とりもも 300g
・卵 4個

★たれ
・しょうゆ 大3
・みりん 大2
・砂糖 大1
・酢 大3  これを足すよ!
・水 50ccくらい  これを足すよ!

①下ごしらえ
・玉子を水から12分ゆでて皮をむく

よく鶏手羽でも作るメニュー。でも、鶏手羽ってなんか中まで火が通らなくて。
事前にレンジで温めればいいのかな。

②調理
・鶏ももを両面こんがり焼く
・★たれと玉子を入れて蓋をして5分煮る
・具材をひっくり返して蓋をして3~5分煮る

(水とだしを足して)鶏の煮物

<材料>
・とりもも 300g
・こんにゃく 1枚
・厚揚げ 1枚
・大根 1/4本

★たれ
・しょうゆ 大3
・みりん 大2
・砂糖 大1
・水 300~400cc これを足すよ!
・ほんだし 小1 これを足すよ!

①下ごしらえ
・こんにゃくを下茹で
・大根は厚めに切ってレンジで6分あたためる

②調理
・油で肉と野菜を炒める。
・水と★たれを入れて煮込む。

以上。

煮る前に油でいためるのが超重要。煮る前に炒めて油がある程度染みた方が絶対美味しい。
材料の種類を少なく、かつ、ちまちま切らずに大きく切ることで、副菜ではなくメインなんですというアピールを。

ここで人参とかいろいろ入れだしてしまうと、筑前煮→副菜ってなってしまってもったいないです。

(水とコンソメを足して)洋風おでん


<材料> ※おでんしたい具材なんでも
エクレア家では
・大根 1/4本
・がんも 2枚
・玉子 4個
・ごぼまき 4本
・じゃがいも 2個
・こんにゃく 1枚
・とりもも 150gくらい

★たれ
・しょうゆ 大2
・みりん 大1
・砂糖 大1

・コンソメ 1個 これを足すよ!
・水 1000cc これを足すよ!

①下ごしらえ
・大根は厚めに切って、レンジで6分温める
・玉子は水から12分ゆでて皮をむく
・ジャガイモは、レンジで3分温める
・こんにゃくは下茹でしておく

②調理
★たれで煮るだけ。①下ごしらえしておけば、30分後くらいに出来上がる。

おでんはコンソメベースがおいしいと気が付きました。
コンソメがしっかりしているので、しょうゆは3ではなくて2くらいです。

今日はおでんだよ!っていう気合の日以外にも、なんか食欲ない。あっさりしたもの食べたいってときは、具材を大根と、とりももだけとかにして、なんちゃってポトフ的なものとして出したりします。

以上がワンパターンの和食レシピです。

基本の味付けに足したものは

  • 基本の味付けは3・2・1だー
  • (基本そのまま)ごぼうの豚巻き
  • (しょうがを足して)なすと豚のしょうが焼き炒め ※しょうが3cm
  • (酒とネギを足して)煮魚  ※酒3
  • (酢を足して)鶏と玉子のさっぱり煮 ※酢3、水すこし
  • (水とだしを足して)鶏の煮物   ※だし小1、水300~400cc
  • (水とコンソメを足して)洋風おでん   ※コンソメ1個、水1000cc

これで5日分。和食ばっかりで飽きる?

ぼちぼち、中華・洋食も考えていきたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

(↓)(中華編)の記事はこちらです。
【料理】味付けを覚えられないエクレアのワンパターンなレシピ(中華編)

(↓)エクレアレシピ集はこちらです。80レシピ達成を目指してますヽ(*´∇`)ノ
エクレアお料理レシピ集

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。