少ない花で花壇を効果的に埋める

エクレア家には猫のひたいほどのお庭があり、花を植えています。

玄関前スペース(丸いスペース)

道路との境スペース(長方形スペース)

何か、こう今一つダサい。お花も数をそろえるとお金がかかるため、それなりの数しか揃えていないわけで、こう、ぽつぽつ並んでこの隙間が貧乏くさいなと思っていました。

先日参考になる花の植え方を見つけたのでご紹介したいと思います。

アピール競争

柵から出そうなアピールのあんず(右)、冷めた目線のいちご(左)。

・・・あんずの1勝♪

スポンサーリンク

少ない花で花壇を効果的に埋める方法

また幕張アウトレットパークに行ってきました。そこのお花の植え方が参考になりそうだったので、写真をとってきました。

真ん中に高い花を植える

丸い花壇

この角度で写真を撮ってしまったことを激しく後悔しておりますが、真ん中に高い花が植えられています。
その周りを背の低い花で囲むという技。高低差がかわいいです。

シルバーリーフを効果的に使う

銀色がかった緑色のおしゃれな植物をシルバーリーフというらしいのですが、アウトレットパークの一番大きな花壇ではこれを効果的に使っているなと思いました。

手前の方、シルバーリーフで円を描いて、その中に花を並べています。
隙間は沢山空いているのですが、円の中に花があることでまとまりを感じます。

我が家の丸い花壇(再掲)

ここにも周りにシルバーリーフがあったら、おしゃれ感があ・・・るかもしれない( ^ω^)前向きに。

ちなみに広いお庭なら、ハートマークとかできそう。

アピール競争 その2

柵にお手てでアピールのあんず(右)、お目目くりくりのいちご(左)。

・・・うーむ、引き分け。

アピール競争 その3

ぐいぐい出てくるいちご(上)、でも何故かポーカーフェイス。

・・・いちごに一勝。この勝負、引き分け。

いちごが避妊手術を受けてただいまはエリザベス生活です。

マロンどーん。

こちらはアピールというより伸び伸びやってます。

先週はハローワークやらキャリアエージェントやら、転職活動をちょっとやっていたのですが、ほかの事が手につきませんでした。自己アピールって苦手。難しいし憂鬱だよなあと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。