【収納】断捨離に疲れたら、隠す収納家具を購入して解決することもある

キッチンキャビネットを購入しました。

久しぶりに収納家具を買いました。
結婚後、夫婦がそれぞれ独身時代に持っていた家具の類を処分することに多くの時間と労力を費やしてきました。
一方で、必要な家具を買うことに、かなり慎重になりすぎて、多分自分自身が無理をしていた所がありました。

「物を捨てる前に新しい収納を購入してはいけない。」
「まずは、物を減らすことから。」
「しっかり断捨離してから。」

と言っても、どうしても残ってしまうものがあります。

今日は、思い切って収納家具を購入して、解決したこと、今回のことを通して感じた気持ちも書きたいと思います。

スポンサーリンク

目次

  • 物が片付かなくなって焦った話
  • 隠す収納家具のすすめ
  • 断捨離に疲れる気持ち
  • 収納家具の紹介

物が片付かなくなって焦った話

結婚前、エクレアはそこそこ断捨離を進めていて、必要なものだけに厳選とかしていました。

生活感のあるものはもちろん全部収納の中。
こんまりさんの影響もうけて、ちょっとだけ癒されるインテリアなんかも飾るように。

断捨離もそろそろ終わりだな~、もうあんまりやることがないなぁ。
なんて思っていた頃です。

結婚してから、そんな状況が一変してしまいました。

結婚当初の賃貸のベランダ。このバラ、キレイだったなぁ。引っ越し先にも持ってきたけど、もうこんなに咲かないかな。

せーの、でそれぞれの住まいから新居に引っ越してきたエクレアとエクレア夫。
エクレアの方が先に搬入だったので、エクレアの荷物の搬入、エクレア夫の荷物の搬入、と続いたのですが。

賃貸の3DKはみるみる荷物で埋め尽くされ、恐怖を感じるほどでした。

幸いエクレア夫は夫婦で重複している家具の処分などに理解を示してくれた(と思う)ので、エクレア主導でどんどん処分していきました。

しかし、どうしても最後まで残ってしまうものがあります。
しかもそれがまた、こまごまと、くだらないものって言ったら悪いんですけど。

「食品(ラーメン、缶詰、ストック)」、「日用品」、「お菓子」、「お茶」等々。。

これらのものは、夫婦が共通で使うため、何がどこにあるか、ぱっと見て分かりやすい方がいいかなと、当時はオープンの収納にしていました。

レンジ下のキッチン収納

これでもまだマシな方。仮の収納ということでカラーボックスを利用。
でもここ、どんどん荒れるんです。片付けても、片付けてもどんどん荒れる。

あー!何とかしたい!ってなって、収納の雑誌特集みたいに頑張ってみたときも。

調味料全部集めて詰め替えて、ラベリングしたりして。
1カ月維持できたか・・・記憶があいまいですが、手間がかかりすぎて、続きませんでした。

当時私も仕事は頑張っていて、休みの日とか、エクレア的には収納もどうにかしたいんだけど、でもどうしていいのか分からない、でも気になる。みたいなストレスを感じていました。

よく考えたら、何か悩みすぎていました。

「物を減らす前に新しい家具なんか買ってしまったら終わりだ。まず減らさなきゃ。」

と思いすぎていたのだと思います。

一旦もう、これらのものは当面、無くならないと見切りをつけて、収納を追加しようと決めました。

隠す収納家具のすすめ

買ったのは、横幅90cm、奥行45cmのキッチンキャビネット。
奥行45cmって意外と大きいです。カラーボックスの奥行が30cmなのでその1.5倍です。

幸いキッチンの調理スペースとの間も十分確保できているので、圧迫感を感じることなく済みました。

二つの引き出しと、二つの扉。
中のものを完全に隠してくれます。

今回、収納家具の購入にあたり、できるだけ隠せるものにこだわりました。
見える収納に疲れたので。。

収納の中はこんなものです。

●引き出しの中
(左)お茶関連、(右)乾物関連

●扉の中
米、お弁当箱、食材、ラーメンなど

こまごましたもの、生活に根ざしたもの。・・・ときめくわけがない。
でも、こういうの無しでやっていこうとしたら、夫婦ともにミニマリストとかでないと難しいかなとエクレアは思います。

扉を閉めてしまえば、気になりません。

隠す収納といっても、収納の中はなるべく「そのまま」にしています。
この中をさらに収納グッズで区切ってしまうと、エクレア夫には意味不明の収納になってしまいます。

妻はスッキリを優先させたい、夫は何がどこにあるか分かればいい。

両立させようと思ったら、”隠す収納に「そのまま」収納する”という解決策もあり、と今回思いました。

引き出しを開ける、扉を開けるというワンアクションだけで、何がどこにあるかわかる。
閉めてしまえばスッキリします。

断捨離に疲れる気持ち

断捨離に疲れてしまう気持ちがあります。

なにかでつまづいてしまう。何となくスッキリしない。

それに加えて今回は「(収納家具を)買ってはいけない。まだ減らせるはずだ。」という気持ちが強すぎて、ストレスを感じていると気が付いているのに、オープン収納のまま、2年近く頑張ってしまいました。

捨てるのは怖くなくなったのに、今度は買うのが怖くなっていました。

今回はそんな気持ちを少し緩められました。

収納家具の紹介

今回買ったものでないのですが、ニトリのこちらをご紹介します。

※エクレアが購入した家具の方は、「ロウヤ」という店舗で購入したのですが、今は売り切れていました。
再入荷するかもしれませんが、購入履歴だと商品名が長くて「食器棚 キッチンキャビネット 幅89.5cm キッチン収納 キッチン 収納 シェーカースタイル シェーカー シンプル キッチン キッチンラック 収納棚 台所 台所用品 下段単品」です。
でも一応、コメントしておきますと、これ組み立てが半端なくて。。エクレア一人で4時間半かかりました。2日かけた。

何を購入するか迷っていた頃、ニトリの実店舗で見つけたキッチンワゴン

これもいいなと思ったんです。でも見える部分があると、多分ここが荒れるなと思い、却下。
でもこれ同じシリーズで全部扉ありのキャビネットがあったんだなあと思いました。

予算が許せば組み立て済み、または組み立てサービス付きがいい。

白×ブラウンで、カントリー風。エクレアは好きです。
つくりもしっかりしています。何といっても、ニトリに行って事前に確かめられます。

というわけで、こちら代わりにお勧めさせていただきました。

ずっと悩んで来たなら、たまには断捨離の手を休めて、家具も買っちゃいませんか?という、シンプルライフじゃないよっていう記事でごめんなさい。

これから頑張ります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

【収納】断捨離に疲れたら、隠す収納家具を購入して解決することもある」への2件のフィードバック

  1. eclair 投稿作成者

    ことりんごさん
    コメントありがとうございます(≧▽≦)

    共感していただいて嬉しいです。

    オープン棚で収納もインテリアも素敵にできたらとか憧れるんですけど、なかなか現実はうまくいかないです。

    難しい。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。