3足1000円じゃない靴下の方が、コスパがいいと思う理由

先日の2000円お買い物デーに、800円と900円の靴下を買いました。

今年から妻(私)のおこづかい制を始めました。そろそろ月末なので、集計をしてみたいと思います。 おこづかい制を始めたときの記事はこちら↓...

(↑)あまりお金を使いたくないけど、お買い物ブラブラしたいとき、「2000円使っていいルール」で楽しんでいます。

柄がとても気に入ったのですが、3足1000円の靴下を買うか迷いにマヨって、やっぱり買いました!

スポンサーリンク

買った靴下

靴下屋で、春からの季節の靴下を2足買い足しました。

ネイビーの大人っぽい花柄。無地のスカートに合わせたいです。いい大人ですが、花柄なのに大人っぽく見えます。900円でした。

落ち着いたピンクの地に、透けるような素材の水色っぽいネイビーの靴下です。少し透けるような素材の靴下は、靴下と足の境界が自然になじんで、足を少しだけ細く見せてくれる気がします。800円でした。

3足1000円じゃない靴下のコスパ良好のわけ

スカート好きの私、秋~冬にかけては黒タイツを合わせますが、春からのこの時期は、靴下を合わせます。

無地のスカートにちょっと可愛い柄の靴下を合わせるのが好きで、それだけでおしゃれ度が上がるような気がします。

3足1000円の靴下も、単発の(1足800円ぐらい)の靴下も両方持っているのですが、明らかに単発の靴下の方が出番が多いです。

そうすると、3足1000円の靴下をいくら持っていたところで、結局選ばれるのは単発の方。

単発の方は出番も多く、結局コスパも良いのです。3足1000円組は残念ながらタンスのこやし・・・。

単発の靴下が高いのはデザイン料なのかなと思っていたのですが、靴下屋に関していえば、単発の方が丈夫な気がします。(大事に履くからかもしれません)

1足5,000円のタイツのススメ

「服を買うなら捨てなさい」の本で、1足5,000円のタイツを奨めるくだりがあります。

普段履くようなノーマルなタイツほど、5,000円くらいするものを履きなさいと言っていました。普段履きならコスパもいいし、

「私は5,000円のタイツを履いている女なのよ」

って日常的に思えるからだそうです。

これを読んだあと、頑張って2,000円のタイツを買ったのですが(5,000円は無理だった)確かに着心地がいいです。

気持ちもいいし、長持ちする。したがって出番多し、コスパ良しなアイテムです。

安すぎることに慣れすぎないように気を付ける

靴下が3足1,000円だったり、色んなものがソコソコの品質で100均で売っていると、お金を出すのがだんだん惜しくなってきてしまいます。

「いや、私もう花の20代ってわけじゃないしさ、もうさ、そんなにこだわらなくてもいっか・・・」

って思うことも沢山あります。でも、ちょっと立ち止まって考えてみたら、靴下3足1000円組はタンスのこやし。こやしに1,000円は高かった。

ちゃんと履く単発800円の靴下は可愛くて、心も満足していいことづくめだと思います。

春からの靴下選びが楽しい季節。

2,000円買物デーに最適のアイテムの季節がやってきたと思うと嬉しいこの頃です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする