女ですもの、花になろうよって思ったこと。

20代の頃からメイクにあまり関心がありません。30も後半になった今、興味は薄れる一方で。。でも最近はちょっとサボりすぎてました。

「化粧して頑張ったところで誰も喜ばないし」

「年相応でいいんじゃない。」

って思ってたんだけど。鏡を見るたびに思うこと

さすがに、元気なさそう( ^ω^)・・・

スポンサーリンク

やっぱりお化粧しなきゃね

もともと目の下の皮が薄いようで、常にクマが出ています。

かつては化粧でクマだけは!カバーしていたのですが、今の学校に通い始めてからは、クマをカバーしようとさえしていなかったので、

「そういう顔のひと」

ってことで通っていたと思われます。それはそれで楽・・・なんだけど、

久しぶりに学校以外の人との面談があり、この顔で会いに行くのが急に自信が無くなってしまいました。

学校帰り、イオンのお化粧品コーナーへ行って、あれこれ買ってきました。

BBクリームとかいうものを試してみる

ずっと、ファンデーション派だったのですが、使ってみたかったBBクリームを買ってみました。手できれいにつける自信がなかったので、BBクリーム用の筆も購入。

買ったもの一式
・BBクリーム
・BBクリーム筆
・チーク
・アイシャドウ
・口紅

かかった費用

3000円未満。。化粧品、安くなったよなぁ。百貨店で買ってた時ウン万いってたけど。ファンデーション1個の値段で揃えたったわ。

久しぶりのマジのお化粧をしてみた感想

普段は下地なしのいきなりファンデーションと目元のアイシャドウのみ。口紅、チークなし。

久しぶりにちゃんとお化粧してみました。

久しぶりのちゃんとしたお化粧した私の顔・・・

「なんか、ケバくない?」

「おばちゃんぽくない?」

って思ったけど。。ま、前向きに。。

「なんか元気そうかも。」

と考えることにしました\(^o^)/

人に会ってみて

午前中は面談。午後は学校の授業でした。面談は初対面のため緊張はしましたが( ̄◇ ̄;)、何かメイクのおかげで

「元気そうな印象を与えられているはず」

と思えたことが良かったです。まあ、実際はどうなのか分かりませんが。

午後から学校に行くと

「今日は、お化粧しているね!」

って言われました。

・・・薄化粧ながら、毎日していたのですが^^;どうもノーメークだと思われていたようです。

シンプルメイクもほどほどに

会社やめそうになってたころから(辞めたんだけど)、何ていうかいつも

「どうせ私なんて」

っていう雰囲気、こういうのついくせになっちゃうよなと思いました。化粧してみたのは、直近の面談の為なんだけど、

「もうちょっと元気な顔した方がいいのではないだろうか」

って思い始めたのもあります。

別に美人でなくたって、いつもにこにこして元気そうなのが一番。女の人にはお化粧という強い味方がいるんだし、これからはもう少しお化粧の力を借りようと思いました。

おめめのクマとBBクリーム

目の下のクマが常に出来ているのですが、BBクリームなかなかよかったです。

色は普通にナチュラルベージュ。

目の下に2か所ぐらいずつポンポンと置いて、そこを中心にBBクリーム用のブラシで延ばします。ほほとか、そんなに塗らなくてもいい。

・・・というか、顔全体をまんべんなく塗ってしまうと、お化けになっちゃいます。

チークはほほの一番高いところに塗るのは若い子向け。ある程度年齢がいったら、目の下と頬骨の間ぐらいに塗るとよいとNHKのきわめびとでやっていたので、ほぼ、目の下に塗ることになっていますが、おかげでクマも見えなくなってきました。

女ですもの、職場のお花でいたい

職場の華っていうと、し烈な女の闘いとか男からの人気集めとかそいうのではなく。。

職場だろうが学校だろうが「世界でひとつだけの花」にはだれでもなれるわけで、

「いつもにこにこして機嫌の良さそうなお花みたいな女のひと」

になりたいなあと思いました。

そうなることが、自分を大事にするような気もします。

それに、自分は職場の花になるんだって思ったら、少し明るい気分になってきました。

来週はアウトレットに行くのでお洋服も前向きに選んでみたいです。

さわやかで、少し可愛らしいところもあって、さらりと着こなす感じがいいな~。理想だな~なんて考えております。

調子のってる?いや、調子おちてるよりまし!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。