【断捨離】思い出の品を断捨離する理由と7つの方法

久しぶりに思い出の品を整理しました。捨てられるものを断捨離して、今、本当に残したいものを残しました。

思い出の品の断捨離は、何度か小規模な選別をしてきましたが、2箱になった後、心理的な壁があり、長らくそのままなっていました。

今回、人生の転機のような機会があり、思い出の品を再び整理する気になりました。
現時点では、本当に残したいものだけを残すことができたと思っています。

今日は、思い出の品を断捨離するときの理由と方法について書きたいと思います。


マロン:この箱知ってるよ。

スポンサーリンク

目次

  • 思い出の品を断捨離する理由
  • 思い出の品を断捨離する7つの方法

思い出の品を断捨離する理由

思い出の品は要・不要だけでは判断できません。
だから、自分にとって何が理由で整理したいのか納得しておくことが大切だと思います。

思い出の品を整理する理由には、物理的な理由と精神的な理由があります。

①物理的な問題
それを持っていることによって、現実的に不自由している。スペースの問題。

②精神的な問題
それを持っていることによって、精神的に落ち着かない。前向きな気持ちになれない。

断捨離を始める前に、①②の理由について、自分の具体的、個人的な理由をよく考えておいた方がいいと思います。できれば書き出してみることをお勧めします。
というのも、表面的な理由や一時的な感情で思い出品を整理するのが危険だからです。
結局は捨てられなかったり、逆に捨てた後に後悔してしまったり。

今回はエクレアが理由について具体的に考えた内容を書いておきます。
もし、自分も思い出の品を整理したいと思っている場合は、ぜひ、ご自分の場合と比較して考えてみてください。

①物理的に問題がある

それを持っていることによって、現実的に不自由している。スペースの問題。

  • 現実的に部屋のスペースからしても、半分の量が妥当。

②精神的に問題がある

それを持っていることによって、精神的に落ち着かない。前向きな気持ちになれない。

  • 持っておいた方がいいものがあるのは理解している。でも、全部ではない。本当に大切な思い出の品以外のものが混ざっているので落ち着かない。
  • 思い出の品が、過去の栄光と重なり、それに縛られている。前に進めない気がする。

具体的な理由は、断捨離をする前にぜひ考えてもらいたいと思います。

思い出の品を断捨離する7つの方法

エクレアが思い出の品を断捨離してきたときの7つの方法を書きたいと思います。

①残すものが、どんなもの かイメージする

捨てる基準より、残す基準を明確にしておいた方が、思い出の品の判断はスムーズに向かいます。
また、この軸がないと、後で「何故捨ててしまったのだろう?」という後悔をしてしまいます。

エクレアは残すものに対して、こんなイメージを持っていました。

  • 持っているだけで、またはそれがあるというだけで、幸せになれる。安心する。
  • 落ち込んだとき、自分を励ましてくれる。
  • 前向きな気持ちになれる。

②明らかに捨てられるものを捨てる

「なんだこれ、なんでこんなもの大事に持っていたんだろう。」というものをまず捨てます。

③使おうと思うものを思い出ボックスから出す

何かの記念に作った花瓶。飾ればよいのではないでしょうか?
そういうものは、横によけます。今、その収納場所を考える必要はありません。
今は思い出の品の整理に集中して。それが終わってから、現実的に取り出しやすい場所に収納したり、飾ったりします。

④複数あれば一つにする

3つ4つ持っている、類似のものがあったら、1つにしても苦にならないことが多いです。


マロン:不要なものないかにゃ?

⑤(おすすめ)写真に撮って処分する

エクレアは思い出の品には、それを「見て」幸せになれるという効果があると思っています。
その場合、「見る」のは、現物でないと絶対ダメか?と自分に問いかけてみます。
案外と、写真でもいいという場合があります。
写真は後日、必ず現像して、思い出ボックスに一緒にしまっておきます。現物は処分ですよ。

⑥それでも迷ったら 袋に入れておいておく

少し、保留。
思い出の品以外でも、エクレアはよくやります。ほとんどの場合、捨てることになりますが、それでも迷う期間が大事な時があります。

⑦勇気をもって捨ててみる。捨てた場所には次の大切なものが入ってくると信じてみる。

捨てたところに次のものが入る「空白の法則」というものを信じてみる。
特に、過去の栄光の証だけど捨てたい、という場合、この方法で納得することがあります。


マロン:飽きたのにゃ。

エクレアが必死に断捨離している間に、マロンは飽きて隣のベッドで寝ていました。

思い出の品を整理したい、思い出の品を断捨離したい。

そう思う時、人は変わりたいと思っているんじゃないかなと思います。
その過程を大事にして、やけくそじゃなくて、自分と向き合って取り組めたら、心も前向きになるかなと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ではまた。さようなら。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。