ペット保険は元が取れないと思う 解約を決意

エクレア家は猫2匹、犬2匹のそこそこ大所帯なので、ペットにかかるお金は気になるところです。

狂犬病やワクチン注射は、定期的なものなのでいいとして、突然の事故や病気に備えて、ネットのペット保険に入っていました。

ただ、最近、この保険本当に必要か?と疑問に・・・

結局、解約することにしました(`・ω・´)/


「えっ、大丈夫?」

※記事中の金額は10円以下四捨五入しています。

スポンサーリンク

ペット保険・我が家の場合

もともと猫2匹だったところに加えて、犬2匹を追加で飼い始めたとき、

「4匹もいるし、ペット保険とか入っていた方がいいんじゃないか?」
と夫婦そろって漠然と不安になり・・・

「やっぱ、入っとこっか?」
「入っとこ、入っとこ!」

というノリで、犬・猫4匹ともネットのペット保険に加入しました。

保証は「50%保障」のプランです。

猫・7才   2,100円
猫・5才   1,600円
小型犬・2才 1,500円
小型犬・2才 1,500円

もともと猫1匹だけ大手のペット保険に入っていたのですが、この時、色々と調べた結果、保険料が安くなるネットのペット保険に切り替えました。

大手と比べると、かなり安いと思います。

この保険料、一匹ずつ単体で見ると安いんですが

4匹合計すると

月保険料 6,700円

で、年あたり合計すると

年保険料 80,400円

になります。加入してから1年以上経過しているので、すでにこの8万円ほどは費やしています。

幸いというか幸いなんだけど、ほんっと回収していない。

そもそも、「猫・7才」は7年間事故、病気がない。「猫・5才」は一度だけ4万円くらいの入院治療の経験があり、その時確かに2万円もどってきました。

「小型犬・2才」達は、子犬のうちは病気もするかもしれんと思っていましたが、幸い何もなく。

これ、このまま毎年8万円はらい続けるか?いや、ペット保険ってどんどん高くなるし。。

ペット保険ってどうなん・・・元って取れるの?

そんな疑問が出てきた・・・。

「私7才なんだ~」

小型犬の場合を考えてみる

エクレアが入っているネットのペット保険だと、「50%保障プラン」「70%保障プラン」「100%保障プラン」があります。

「50%保障プラン」だと、通院・入院・手術での治療費の50%が保障。

特に突然の事故や病気でエクレアが心配なのが『手術』なんですが

「手術費用の最大金額が年20万円」

っていう文句でした。宣伝では。

でもね、これ、よくよく確認すると・・・

「1回あたり最大10万円」

「別の理由なら年2回までオッケー」なの

えーと、だから例えば

春に骨折した~、10万円かかった~、5万円保険降りた~。
秋に病気した~、んでまた10万円かかった~、5万円保険降りた~。

なんだけど、まあ、そんなに2回も頻発して別件の大事故、大病ってする?

っていうか、年に2回も大手術する子だと事故がちなのか、病気がちか。
むしろ、もっとやるのでは。。年3回とか4回とか。

でも3回目以降は全額自腹なんだよな。。

「上限金額」とか「上限回数」とかを冷静に考え始めると、そもそもこの保障ってどうなんだろうなぁとは思います。

・・・それはさておき、もうちょっと数年スパンで考えてみました。まず「50%保障プラン」で犬もとっても長生きしたとしたら。

0才で1,500円、6才で2,500円、18才以上で3,000円になります。

うーん(´・ω・`)嫌な予感がする・・・

◆小型犬:50%保障:手術最大10万円(2回迄、別理由)

「年保険料」は月あたり金額を12倍したものです。

だいたい0才で年間2万円、6才ぐらいで3万円になって、最大で3.5万円くらい。

「5万円回収は?」というのは、10万円の手術を数年に1回するかもしれないと仮定して、その時降りる金額であろう、5万円を年保険料で割ってみたのです。

例えば、0才だとだいたい3年に1回ぐらいの頻度と考えられている。

6才だと2年弱、18才以上だと1年半ってところですね。

うーむ、

3年に1回、大手術ですかぁ・・・

ゆくゆくは2~1.5年に1回、大手術ですかねぇ・・・

さっきも思ったんですけど、そんなには無いか、そんなに手術するような子だとむしろこの回数じゃないでしょう。。

100%保障プランだとこんな感じ。

◆小型犬:100%保障:手術最大10万円(2回迄、別理由)

このプランでは、最大10万円の手術をしたとして10万円おりるので、10万円の回収を考えてみます。

そうすると・・・あら不思議。50%と似た感じに。

0才のころ3年くらい、6才以降は2年~1.7年に1回です。

結局50%保障だと、月々保険料は安いけど、いざ手術になったとき半額の自腹を切るわけど、100%保障だとその分も保険料として積み上げてる感じですかね。

こういうもんなのかぁ・・・と一人納得。

でもねぇ。

これ感覚でいうと、3年とか2年に1回、大病や大事故する感覚ってないんですよねぇ。


「わんわん」

猫の場合を考えてみる

猫の方が保険料って安いのですが、犬の方が犬種によって保険料が変わるのに対して、猫は一律です。

◆猫:50%保障:手術最大10万円(2回迄、別理由)

うん、3年、2年、1.5年。。

◆猫:100%保障:手術最大10万円(2回迄、別理由)

うん、3年、2年、2年。。

まあ、だから3年に1回、2年に1回、大病や大事故するかっていう話ですね。

この辺り計算した時点で、エクレア的にはもはや解約の気がしてきます。

「もういいでしょ~」

我が家の場合、再び

4匹一ぺんに考えるのがどうなんだという気がしますが、4匹合計です。

現時点で年齢ばらばらなので、現時点→5年後→終身で考えてみました。

◆我が家の場合:50%保障:手術最大10万円(2回迄、別理由)

現時点、年間8万円ほど払ってます。5年後に12万円、終身で13万円。

何か、大手の携帯代みたいだわ。。

4匹いても、4匹が同時に大病・大事故するわけではないんだけど、単純にどの子かが10万円の手術をして、保険金の5万円が降りると仮定して

「5万円回収は?」は、うーん、

半年に一匹・・・

いくら4匹いてもねぇ、半年に一匹も大事故してたら大変ですなぁ・・・

ちょっとね~やっぱり高いんだよね~

ペット保険を解約して 自腹貯金にしようと思う

そういうわけでペット保険はやはり解約しようと思います。

契約を確認したら、解約を申し出た月までで契約を打ち切れるようです。

携帯みたいに2年縛りとかなくて良かった。。

これまで払った8万円ほどは、完全に消えますが、安心料として払っていたと思うことにしよう。

大事なのはこれから

というわけで、結局、ペット保険での保障が無くなる分、10万円を手元に「もしものペット貯金」として持っておけばいいやと思います。

その年、何もなければそのまま次の年にスライドすればよい。

何かあれば、ペット貯金を下ろす。

貯金以上はその時点での自腹になるけど、結局ペット保険に入っていても、限度額以上は自腹になるんだし、同じと考えることにします。

解約の前に その他いろいろ

エクレアの保険だと、手術のほかに、通院・入院は日額、回数上限ありですが保険が降ります。これどこまで考えとく?って感じですが。

これもエクレアとしては、あまり頻度があるとも思えず。唯一現在「猫・4才」が一度だけ入院ありの治療を受けましたが、

獣医さんに

「今回は、高額になりますよ」

って言われて

どうしよう、ウン十万か?って思ったら、検査や入院費もろもろ込みで4万円ぐらいでした。

近所の獣医さんはいつもこちらの財布事情を気にしてくれます。。お安い治療方法も考えてくれるし。

結局これに引っ張られて年8万円(4匹でだけど)払い続けるのは、もうちょっと気持ち的に折れます。

なので、いさぎよくやめます(`・ω・´)

その代わり、月の先取り貯金を増やしてペットのもしもに備えようと思います!

もしもの時は、自腹対応に切り替えます。

「大丈夫・・・なはず。いや、大丈夫にするわっ」

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

(↓)【犬との暮らし】の関連記事はこちらです。

犬ベッドのカバーの作り方
犬のためにエアコンの暖房をつけっぱなしにしてみた時の電気代オススメ!
試行錯誤して作った犬の居住スペース
冬仕様の犬ベッドカバー作り方
匂いに敏感な私が使っている犬の消臭グッズあれこれ
ペットの夢こたつを買ってみた

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。