夫婦共有の収納場所を喧嘩せずに使う方法

わが家の場合は、私は片付け大好き人間。夫は片付けに関していえば、そこそこ暮らせればいい、という感じの夫婦です。

夫婦で片付けに関する意識レベルというか、こだわり度合いが違う。こういう場合の最も良い解決方法は、「お互いの(収納)スペースは完全に分ける」だと思います。

夫の部屋、妻の部屋それぞれの個人スペースに関しては、お互いに干渉しない。

でも、別居しているわけではないので、すべてを個人のスペースに分けるって難しいです。

その共用している場所が、時に喧嘩になります。


(あーもう、イライラするっ)

スポンサーリンク

共用している場所で喧嘩になる要因

主にというか100%、片付けたい私の方にストレスが溜まります。それで文句を言うと、まあ・・・、喧嘩になります。

元の場所に戻してくれない

冷蔵庫の調味料、食器、調理器具のたぐいが、信じられないくらい元の場所に戻りません。いつも戻す場所が違うのです。

「何で?」

全然意味が分かりません。ちゃんと出せているのに、同じところに戻せない。

悪気はない様ですが、気持ちはよくはありません。


(だから、お主のせいだってば・・・。)

共有の収納場所を自分のもので一杯にする

収納場所から物理的に物があふれているわけではありませんが、共有の収納場所なのに、夫が自分のものだけで埋め尽くしてしまうのです。

冷凍庫の冷凍食品、食料のストック品などの場所は共有しています。

その場所は100%夫の場所ではありません。共有の場所なのに、自分(夫)のものだけでパンパンになっている、というのが私の中では不公平に感じます。その時点で、私の中では、収納からあふれているのです。

ちょっと厳しいことを言うと、半分ずつ使うのが正しいと思うのです。

「共有の場所なのだから、相手にも半分くらいのスペースを残しておこう。」

という考えはまったく浮かばないようです。。

そして仕切りなどという中途半端なものは完全無視されます。細かい収納場所のルールは通用しないからです。

夫の習性を多分完全には理解できない

・元の場所に戻してくれない
・共有の収納場所を自分のもので一杯にする

こういう夫の習性を私は、理解はできません。理解するのが嫌だというのもあります。

共同生活をしている以上は、

「元の場所に戻さな」ければ、次に使う人(相手)が困ります。

「共有の収納場所を自分ばかりが使う」と、相手がしまえなくて困ります。

相手のことを思いやる気持ちが欠けていると思います。

だから、理解はできないのです。ただ、夫はこういう人なんだという現実を認めてはいます。

そんな状態の我が家、共有スペースの収納でもう喧嘩しないために気を付けていることを書きたいと思います。


(喧嘩はしたくないんだ。。)

喧嘩しない共有スペースの収納

わが家の歴代喧嘩スペース「冷凍庫」「食料品ストック」の収納スペースを中心に具体例を挙げながら説明したいと思います。

主に私(片付け好き)の目線から見た収納のポイントです。

自分だけのスペースを確保する

できれば、小さなスペースでも良いので、片付けたい方が自分専用の場所を確保します。

相手がどんどん物を増やしても、部屋の一角、引き出し一つでも自分の思い通りになる空間を確保することで気持ちが楽になる気がします。

わが家では、冷凍庫スペースが

①氷
②冷凍室(小)
③冷凍室(大)

の3スペースがあるのですが、②冷凍室(小)は私専用にしています。


ものすごく狭いスペースなので、夫は無関心ですが、私はこのスペースがあるだけで、いくらか心が落ち着きます。

夫は③冷凍室(大)を主に使っていますが、もちろん私は②冷凍室(小)だけでは足りません。なのでどうしているか。

相手のスペースを借りているという気持ちでいる

冷凍室(大)はもちろん夫婦で使うだけの容量があるはずです。それにあまり料理をしなくなったとはいえ、やはり料理を担当するのは私が多いのです。私が冷凍室(小)スペースしか使えないのは現実的ではないと思います(料理に支障がある)。

もし、夫側に、片付けに関する理解が少しでもあれば、この冷凍室(大)スペースを大まかに区切って、左が夫、右が妻とかにもできると思います。

が、そんな仕切りはきっと理解されないでしょう。。

したがって、夫はこのスペースをおそらく全部使っていいと思っています。

・・・そう、ここは夫のスペースなのです。

これは心の問題ですが、このスペース、どんなにパンパンになっても

「ここは基本、夫のスペースなんだ、私は借りているんだ」

という気持ちでいることです。

だから、あまり当てにせず、空いていれば私が買ってきた冷凍野菜などをここに収納しています。

冷凍庫


今は少ないです。ふるさと納税がやってくるとあふれ出します。何故か冷凍品ばかり・・・、ゆううつです。最近は、ふるさと納税は極力実家に送るようにお願いしています。そして、ふるさと納税を私が料理しないといけないのは苦痛なので、食材は自分(夫)で調理することをお願いしています。

食料品ストック


このスペースは左は私スペース、右は夫のスペースと思うことにしています。といっても、左右ともに共用のものです。

ただ、右側スペースは食料品のストックが収めてあり、ここを夫がメインで使ってしまいます。なので、右側については、ここも私は「夫のスペースを借りている」気持ちでいます。

私はあまり食料品のストックを持ちません。時々大好きな中華三昧をこそっと入れさせてもらっています。

引き出し


ここも私の心のなかでは、左は私スペース、右は夫スペースです。右は乾物入れ。おふやかつおぶしなど、スペースを食うものを、夫は時々買ってきます。でも一杯になっても、基本は夫スペース。夫スペースだから気にしてはいけません。

まとめ

夫婦共有の収納場所で喧嘩しない方法 我が家の場合です。

・自分専用のスペースを確保する

片付けたい側が、ほんの小さいスペース、引き出しひとつでも良いので、自分専用のスペースを確保して欲しいです。心が落ち着きます。

・基本、相手のスペースを借りていると思う

共有場所は相手と半分ずつ使うという基本概念の無い方は、どうしたってスペースを自分だけで使ってしまいがちです。仕切りなんてくそくらえです。だから、この場所は相手の場所、そこをちょっと借りているという気持ちでいることです。

本当は思いやりを持ってほしい

本当は、元の場所に戻して欲しい、共有場所を半分以上も占有しないで欲しいです。それは共有場所に関して、同居している相手への思いやりだと思うからです。

諦めたわけではありません。

ただ、今のところ我が家は、夫に家事を分担してもらうようにし始めたり、時短家電を入れたり、改革中のことがあり、収納にまで口をだすと険悪になりそうで、こちらは「喧嘩をしない」対処法で当面をやりくりしていきたいと思います。

(ま、仕方ない。)

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする