【らく家事】洗濯がどんどん楽になるアイデア

毎日の洗濯が大変だ。

「何でこんなに洗濯物を出してくるんだ。(TДT)」

「毎日厚手のパジャマを出すな。」

「梅雨で乾かんのが分からんのか、少しは協力しろ。( `Д´)ノ

「裏返して脱ぐな。ポケットの中身は空にしろ。」

「畳んだものをぐちゃぐちゃにするな。」

毎日毎日、こんな調子で小さなストレスがたまります。時々不満がたまって爆発したり。

でも大部分は・・

「い・・・いいかげんにしろや。殺す気か」

っていう気持ち。もう意味不明ですよ。この夫の洗濯物の量、そして妻への配慮のなさ。。精神的にヤラレル。。

一人暮らしの時は、洗濯だって嫌いじゃ無かったのになあ。。

家事全体の不満が高まって来た頃、洗濯の手間、不満を解決すべくいろいろ試してきました。

スポンサーリンク

目次

  • 干す、取込む手間を徹底削減するなら。洗濯乾燥機を毎日回す
  • 電気代は意外とかからない
  • アイロンをかけない
  • 無駄にネットを使わない
  • 畳む、しまうは本人にやらせていい
  • 今日使うタオルはたたまない
  • 明日着る下着はしまわない
  • 最後に、楽する自分に耐える。

干す、取込む手間を徹底削減するなら。洗濯乾燥機を毎日回す

洗濯乾燥機持っていますか(機能がある)?

持っていたら、毎日回していますか?

私は長らく、「持っている」けど、「毎日は使っていない」状態でした。

今思うと、その数年は凄くもったいないことをしてました。

エクレア現在、洗濯乾燥機の『乾燥』を毎日回しています。 もう、楽すぎて楽すぎて( ;∀;) 人生変わるかもしれないって感動したお...

基本、外で干していて、雨の日とか外に干せないものだけ乾燥機にかけるという使い方。

毎日回すなんて、考えられなかった。

でも、ある時雨の日が続いて、ほぼ毎日回す生活をしていたら

「はっ!」と気づいたんです。

毎日乾燥機を使うと言うことのメリットは、単に「乾く」が楽になるだけじゃない。洗濯の多くの工程から解放されるんです。

まず、干す時。

・洗濯物を籠に入れる
・ベランダに持ってあがる
・ピンチ、洗濯ばさみを取り出す

◎干す

そして、取り込む時。
◎取り込む
・ピンチ、洗濯ばさみをしまう
・畳む部屋まで持ってくる
・籠をしまう

↑これは毎日。さらによくあるイレギュラー対応として

・天気を気にする
・雨続きで洗濯物がたまる
・雨が降らないうちに急いで帰る
・雨が降ったのに家にいた家族が取り込んでくれなくて濡れる(怒)
・乾かなかった日には取り込んで乾燥機にかける(まさに二度手間)

等々からも解放される。

洗濯乾燥機を使うと

・洗濯機に入れる
・取り出す

のたった2工程!!
なぜ気づかなかったんだろう・・・これって人生変わるほど楽じゃないか。

ただ、電気代って気になりますよね?
でも、意外とかからないんです。

電気代は意外とかからない

電気代は、パンフレットなどに記載されている洗濯~乾燥の消費電力量から計算できます。

例えば、「洗濯乾燥時消費電力量:590Wh」だと

590÷1000×27円=15.9円

1回の洗濯~乾燥コースで15.9円という計算になります。

↓15.9円のかなりお利巧な洗濯乾燥機

15.9円は業界最安の電気代じゃないかなと私はおもうのですが、そうでなくても

ヒーター式だと一回50円、ヒートポンプ式だと一回20円前後くらいのものが多いです。

ちりも積もればとは言いますが、1日一回の30日回したとして月当たりは、ヒーター式でも1500円/月、ヒートポンプ式だと600円/月になります。

それで、毎日の干す、取り込む、その他もろもろの面倒な手間から解放される

一年で計算したら、いいすき焼きくらい食べられるかもしれませんが、だったら私は洗濯の手間から解放される方を選びます。

アイロンをかけない

アイロンがけは実はもうやってないという家庭けっこう私の周り多いです。

方法はその家それぞれですが、私が聞いたことがあるのは

・夫のシャツは全部、形状記憶にする

・妻自身の服は、そもそもアイロンがけが不要な服にする

・おしゃれ着洗いで水分多めに仕上げて、干すときにパンパンする

・全部クリーニングに出す

など。

私もかつては、「アイロンをかける=よき妻の鏡」みたいなイメージがあって、無理してかけていたんですが、夫があまりにも家事に感謝しないので嫌気がさしてしまいました。

「うちは、クリーニング屋じゃねえよ!」

そんな我が家の現在のアイロン事情はこちら。

夫と家事分担の話し合いをした時に、思わぬ方向に進んだ洗濯乾燥機の買い替えの話。 何故か夫がノリノリで次の日には電気屋へ行き、何やかんやで洗...

・洗濯乾燥機のしわ抑えコース

で代用しています。ノーアイロン。強風で乾燥するので、シワが付きにくいというモードです。

あと、プラスアルファとして

・柔軟剤を入れておく(しわ防止)

万が一、目立つ乾いた時にしわがついていたら

・ファブリーズをシュッとかけてパンパン

今なら胸を張って言えます。

「アイロンなんて、一般家庭でするもんじゃない。」

お手伝いさんとか雇ってる家庭でいい。ピシッとさせたきゃ、着る人がクリーニングに出す(そして受け取る)べきだと思います。

無駄にネットを使わない

洗濯ネット病か?ってくらい洗濯ネット沢山持ってました。金具のついた下着とか、タイツとか絡まるよねーと思って毎回、洗濯ネットを使って。

でも、洗濯ネットって、入れるのもひと手間だけど、出して、洗濯ネット軽く丸めて、しまう、だから実は4手間ぐらいかかってるんだよね。

そう思って、恐る恐る洗濯ネットやめてみたら、意外と絡まらなかった。

なので、やめました。

おしゃれ着洗いの時も、そのまま入れる。そのかわり、終わったらすぐ取り出してシワを予防しています。

畳む、しまうは本人にやらせていい

人別にはこちらで、分けましょう。でも、畳む、しまうは本人にやってほしい。

というのも、ここまでやってあげると、やってもらってる人からするともう洗濯って見えない家事になるんですよ。

だって、洗濯かごに脱いだら最後、タンスにきれいに仕舞われてるんだもん、魔法だよね。

これだけこっちが、プライベートの時間を費やしているのにです。

ケンカしてでも、本人にやってもらおう。自分の洋服ぐらい、自分で管理してもらおう。(* ・Д・)/

洗濯物畳まなくなった日の日記です

夫が家事を手伝わない。感謝もしない。ってことによく腹を立てていました(`Δ´) 結婚3年目、私も我慢の限界です。 お・・...

少量の日も毎日洗濯する

洗濯物が少量でもったいないな、と思っても、私は毎日洗濯をお勧めします。

理由は後述しますが、今どきの洗濯機は少量なら少量なりに洗濯も乾燥も効率良くやってくれるから~。

今日使うタオルはたたまない

毎日回していると、乾燥したタオルは昨日使ったタオル。そのタオル、多分今日も使うと思う。毎日お風呂に入るから。毎日手をふくから。

そういうタオルはもう、畳まない。

直接脱衣所に持って行って終わり。

そうすると1日おきに同じものを使い続けるのですが、何の問題もなかったです。

明日着る下着はしまわない

明日着る下着はしまわない。

季節の変わり目でもなければ、下着の種類ってワンシーズン同じじゃないかと思います。冬の間は毎日ヒートテックだよっていう人もいると思う。

だったら、畳んで枕元にでも置いておけばよし。明日どうせ着るんだから。

タンスに綺麗に収まってるのは、予備の下着だけ。

全部をまんべんなく着る必要ないよねと思うのです。一度に買い直すのも大変だし。

毎日洗濯機を回すとこれが楽できます。(いや、一週間分を枕元に置けるって場合は例外ですが。。)

最後に、楽する自分に耐える!

私の経験したことですが、毎日洗濯乾燥回すと、凄く晴れた日とか心がちくりとしたりします。

「今日これだけ?」っていう日に洗濯乾燥するのもドキドキします。

でもそんなときは、「私の貴重な労力だ。20円ケチってどうする!」

と言い聞かせます。そもそも、全然やらないパートナーが悪いんです。私だけ苦労しなきゃならないなら、とことん楽しよう。

こう思って、何とか何とか慣れてきました。もう、考えるのが面倒になるくらいです。

そのくらい、自分の中で手間をかけた家事をしなきゃ誰かに怒られるっていう妄想があるんだなと思います。

そんなのナイナイ!一度の人生、いつまで人の洗濯物の処理に労力かけるんだ。

慣れるまで、葛藤があります。

でもそれを乗り越えると、ほっとお茶してくつろいでいる自分に久々に出会えたり、そんな時はうれしくて心からほくそえみます。耐えたご褒美だねって思う。

辛い洗濯が日本をだめにすると思う。

洗濯どんどん楽にしよう。らく家事バンザイ。

これからも楽にするアイディアを考えてみたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

■【やめ家事】家事の総量を削減してきた話はこちら。(↓)

【やめ家事】やりすぎかもと思う家事をやめてみる~夫のお世話編

【やめ家事】やりすぎかもと思う家事をやめてみる~料理編

妻が(夫の)洗濯物を畳まなくなった日

洗濯乾燥機を毎日回したら、人生変わるかもしれないって感動( ^ω^)した話

洗濯乾燥機を買い替え「シワ抑えコース」の乾燥でシャツのアイロンもやめられた

2人暮らしでも食洗機を買った結果(分岐水栓が取り付けられない)

【らく家事】洗濯がどんどん楽になるアイデア

■家事分担に関する話はこちら。(↓)
家事分担表が意外にも夫に受け入れられた話(Excel付き)

結婚前の私に伝えたいこと「一人で家事を担うべきではない」結婚した後も幸せだと言えるために

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする