洗濯乾燥機を買い替え「シワ抑えコース」の乾燥でシャツのアイロンもやめられた

夫と家事分担の話し合いをした時に、思わぬ方向に進んだ洗濯乾燥機の買い替えの話。
何故か夫がノリノリで次の日には電気屋へ行き、何やかんやで洗濯乾燥機を購入することになりました。

スポンサーリンク

洗濯機買い替えの理由

洗濯乾燥機の買い替えをすることになった理由が、我が家では2つあります。

洗濯の工程が多かった

私の家では7年くらい前に買ったヒーター式の斜めドラムを使っていたのですが、乾燥にかけられるのは、タオルや下着などしわが気にならないものだけでした。洋服などは乾いた時にしわっしわになるので、洗濯~脱水のあと、乾燥の前に毎回取り出して外干しに。ゆえに

・洗濯~脱水

のあと、

・仕分ける→(乾燥するもの・外干しするもの・アイロンするもの)

という作業があって、ここから工程が<乾燥するもの><外干しするもの><アイロンするもの>に分かれます。

<乾燥するもの>※タオルなどしわが気にならないもの

・乾燥
・取り出す
・畳む

<外干しするもの>※洋服系

・外干しする
・外干し取り込む
・各部屋にしまう

<アイロンするもの>※シャツ系

・アイロンをかける
・干す
・各部屋にしまう

主婦の方だと、これくらいの工程があっても、分かる分かるって感じじゃないかなと思います。他に色別で分けたりする家庭もあるかもしれません。我が家も、上は「普通洗濯」の工程で、このほかに「おしゃれ着洗い」「シーツなど大物」などは別です。

「普通洗濯」の工程でも、最近の洗濯機なら<外干しするもの>は確実に減るはず。そして、<アイロンするもの>というのも、最近の風アイロンとかの機能(←これは日立)であれば、アイロン工程なくなるんじゃないか?という話になりました。

というか、私が言ったのですが。まあ、いつかは買い替えたいよねというつもりで私は言ったのですが、結構夫が食いつきました。

洗濯乾燥代が高かった

わが家の買い替え前の洗濯乾燥機は、1回の洗濯~乾燥の電気代が70円ほどかかります(ヒーター式)。最近の洗濯乾燥機(ヒートポンプ式)だとこれが20円くらいにも下がるんです。

ということも夫に伝えたところ、ますます買い替えよう~という流れに。。

しめしめ。。

ちなみに、電気屋さんで聞いたのですが、ヒーター式は「ドライヤーのようなもの」、ヒートポンプ式は「除湿器のようなもの」だそうで、電気代の違いや洋服の傷みの違いが出てくるそうです。

購入した洗濯乾燥機 パナソニックES-G110

その日、ヤマダデンキに行った所、たまたま、パナソニックフェアをやってまして。何と1つ型落ちの洗濯乾燥機が10万円近く値下げするんですって。なな、何ですと!

しかも、本日限定!台数限定!!

「これは運命だよね( ^∀^)」てな具合でとんとん拍子に話が進みました。

■ナナメ洗濯乾燥機(パナソニック ES-G110)

こちら

洗濯~脱水 1回あたり電気代:1.9円
洗濯~乾燥 1回あたり電気代:17.8円

です。オーノー、私の洗濯乾燥機1回あたり70円だよ。安い!

そして、おそらく日立の風アイロン的な位置づけの、シャツがしわなく乾燥できますよっていう「シワ抑え」コースがついてます。

とっても期待です(●´艸`)

洗濯~乾燥(標準コース)の使い心地

わが家の買い替え前の洗濯乾燥機の問題点の1つが、洋服(ズボンやトップス)が乾燥でしわっしわになる問題。ゆえに、毎回の洗濯で普通に「外干し」するものが発生していたのですが、買い替え後は標準コースで洗濯~乾燥までおまかせになりました。

なので、タオルなどに加えて、ズボンやトップス系は

・洗濯~乾燥

までが途中の取り出しが不要で、最後までほったらかしOK

・取り出す
・畳む

になりました。

いよいよ実験、「シワ抑え機能」でアイロンがけは不要になるか

シワ抑え機能で洗濯~乾燥まですると、どうなるか。

パンフレット上は、こんな感じで紹介されております。

でも、試してみないと分からない!!

結果、私としては、まあいっかレベルにはなりましたが、多少、生地によりしわの多少があります。

ザ・ワイシャツ(やや形状記憶)

合格!!

わが家には、完全な形状記憶のシャツは無いのですが、これは普通のワイシャツ的な位置づけで、普段からアイロンもかけやすい感じのシャツです。

こういうものは結構しっかりシワがなく仕上がります。

カジュアルなちょっと厚めのシャツ(綿100%)

こちらも問題なし!!

何ていうか、ちょっと厚めのシャツ。こういうのどうなんだろうと思ったのですが、何か得意みたいで、結構カパッっと硬めに仕上がります。したがってしわも目立ちません。

カジュアルなちょっと薄めのシャツ(綿100%)

人によっては問題あるかな~?私は大丈夫!

見えますか?これが一番シワが目立つ方かなと思います。
でもね、まあいっか~と思います、私は。

ちなみに、シャツは1回3枚~4枚「シワ抑え機能」で洗濯~乾燥するので、普段の「標準コース」のお洗濯とは別出しになります。

今まで、シャツは全部アイロンがけしていました。夫もそれには言葉で感謝してくれるのですが、でもねぇ、何か・・・

・アイロンのかかってないシャツでも平気で着ていく

おーーい!それはアイロンまだだよ。っていうシャツを着て行こうとする夫。

・アイロン掛けた洋服の扱いが雑

アイロンかけた洋服をクローゼットにもっていってくれるのはいいんだけど、クローゼットに掛ける時にぎゅむっって入れるからぐちゃぐちゃ。おーーい(涙)。。

という状況で、正直、アイロン掛けに敬意を払ってる感じは全然ないよなと思ってました。まあ、「ありがとう」って言ってくれただけましですが。

そんなこともあって、我が家のシャツのアイロン要求レベルは結構低いと思ってたんです。なので、今後は洗濯乾燥機の「シワ抑え」機能で代用しちゃおうかなと思います。

今も外干しが必要なもの

新しい洗濯乾燥機に変えて、出来れば洗濯の工程を減らしていきたいと思って、試行錯誤しています。

それでも、外干しが必要かなという物も一部残っています。

シーツなど大物

一応、一枚なら、「標準コース」の洗濯~乾燥で大丈夫でした。が、だいたい一度に敷きと掛けで、2枚くらい洗いたいので、そうすると、乾燥が終わっても「ちょっと乾いてないな~」と思うことが多いです。で、追加で乾燥回すと『あと2時間』とか回ってて、さすがにイラっと来ます。

なので大物は外干ししています。

おしゃれ着

エマールで洗うようなものも、ホームクリーニングコースの「乾燥」バージョンがあり試してみたのですが、薄手のニット的な物を数枚ならいける感じです。厚手のものは、ホームクリーニングコースの「乾燥」がそもそも固定で2時間しかないので、ダメだろうなっと思ったら、やっぱり全然乾きませんでした。

おしゃれ着も外干し対象かなという所です。

私は、「乾燥」を回して、『生乾き』の結果が結構一番イライラするんだなということは最近分かってきました。そういうものは最初から、外干ししちゃった方が、楽かもと思います。外干し対象は週に1~2回の頻度で出てきます。

それでも、毎日の洋服系は「標準コース」で乾燥できるようになったので、楽になりました。

家事分担表を見直してみた

家事分担表の「洗濯」の部分を見直してみると

<普通洗濯>の仕分け~外干し、アイロンがけの辺りが無くなりました。

<おしゃれ着>は相変わらず外干しがメインなのでそのまま。

<シーツなど大物>は、夫婦ともに自分のものは自分でやることになっているので、家事としてはプラスマイナス0です。

この結果、週当たりの夫婦の家事分担率は、洗濯は私が全てやっているので、以前のポイント比

夫:61pt
妻:180pt

が、エクセル集計の結果

夫:61pt
妻:117pt

になりました。なので、「夫:妻=1:2=33%,67%」という感じです。確かに毎日ベランダに立っていたことを思うと楽になったよねと思うこのごろです。夫には黙っておこうヾ(⌒▽⌒)ゞ

私が買ったES-G110の最新バージョンがES-P110で、こちらは何と、1回の洗濯~乾燥の電気代が16円となるという素晴らしい省エネ性能です。私は10万円高くて断念したけど、初期投資に余裕があれっばやっぱりお勧め~。

■ES-P110

洗濯~脱水 1回あたり電気代:1.8円
洗濯~乾燥 1回あたり電気代:15.9円

ヒートポンプ&サポートヒーターのハイブリッド乾燥方式♪

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。