中古で買った家のこと(その1)

今から5年前くらいのことです。社会人7年目、独身(女性)の頃に中古の一戸建てを買いました。

「家を買った」と言うと

「すごい!」と一応、言ってもらえるのですが

「中古の家を買った」と言うと、相手の反応って微妙なので、、

毎度、気を使わせてこちらが申し訳ないよという気持ちになります。でも新築と誤解させるのもなんだかという気もするし。

エクレアの家は築30年越えなので、建物の資産価値はほぼ無くて、不動産屋さんに言わせると、「ほぼ土地代みたいなもの」でした。

それでも、最低の生活費を残して、社会人になってからの貯金ををつぎ込みました。

今日は私が中古の一戸建てを買った理由と今思っていることを書きたいと思います。

スポンサーリンク

新築の家に夢が持てなかった

親は地方出身で、私が子どもの頃は会社が借り上げた社宅住まいでした。

社宅とはいえ一戸建ての4DK、庭付き、駐車場あり。家賃はかかってなかったと思います。羨ましい時代です。。

今は親は現役を引退して地方の実家に戻って暮らしていますが、私は、持ち家に住んだ経験はありません。

でも、あまり気にしたことがありません。
自分も親も、「家」に夢がなかったんだと思います。

なので、大人になってからも

「家のローンに追われる生活なんて嫌だな」

と思っていました。

なので、家を建てたい、持ちたいという夢は、ありませんでした。・・・と思う。のちのち変わりましたが(≧ω・)。

独身・女性で中古の家が欲しくなった理由その1(お金)

社会人になってから、ずっと賃貸に住んでいました。6~8万円くらいのところを引っ越しながら住んでいました。

「家賃払うのがもったいない」

誰でも一度は思うのではないかなと思います。かといって、ここで家のローンを組んでしまうと、「家賃」==>「ローン」に変わるだけ。

「ローンを組むのも嫌なんだよなぁ」

再びの引っ越しの時、いつものように賃貸物件を探しているとき、ふと思いました。

「中古の家なら、貯金で買えるんじゃないかな?」

「せっかく引っ越すんだし、探すだけ探してみようかな。」

それで、賃貸&中古の家を同時に探し始めました。

スーモとかで検索してると「え、こんな金額で家って買えるの?」って思います。

買ってしまえば「家賃」も「ローン」もかからないよなあ。って思いました。

中古のお家が欲しくなった時・・・です。

後日談ですが、、結局「家」は現金で買ったんですが、リフォームのローンは300万円ほど組みました( ̄◇ ̄;)あちゃー

この話長くなりそうなので、続きは後日書きたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

(↓)中古のお家 関連記事はこちらですヾ(⌒▽⌒)ゞ
中古で買った家のこと(その2)
中古で買った家のこと 超ざっくりなリフォーム概算
中古リフォームしてIKEAのキッチンを入れました

無料見積で希望リフォームの最安値を見つけよう

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。