【やめ家事】やりすぎかもと思う家事をやめてみる~料理編

まず夫のお世話的な家事からやめてみたという【やめ家事】前回の記事につづき、今日は料理編です。

料理って、家事のなかで負担ナンバーワンではないでしょうか。

それにも関わらず、夫は料理が出てくることが当然と思っているフシがありました。

・美味しいと言わない
・ありがとうも言わない

↑も、人としてどうなのって感じですが、挙句に。

・味付けに文句を言う

↑に至っては、耐えがたいものがあります。

今はね、ちゃんと「ありがとう」「美味しい」と言いますけど。

スポンサーリンク

目次

  • 夫が「妻は料理を好きだ」と思っている誤解
  • 平日の料理をやめてみる
  • 休日の朝・昼の料理をやめてみる
  • 料理を家事から切り離す
  • メシメシって騒ぐ方が作ればいいと思う

夫が「妻は料理を好きだ」と思っている誤解

(妻)「家事なんて、ひとっつも好きじゃない。特に料理なんて大嫌いだ。

って伝えた時の夫の反応↓

(夫)「えっ!?そうなの??」

っていう返しほど、妻をがっかりさせる反応もないんじゃないでしょうか。

日々、相手の無関心に腹を立て、多少は不機嫌さをアピールしていたというのに。

(妻)「そこ、分かってなかったんかい。どんなに、脳内お花畑やねーーーん!!」

本当に、今まで家事のことで喧嘩したり、こっちが泣いたりまでして訴えてたこと、自分が好きでやってることやと思っとったんかい。

と思いましたが。

多分、(夫)「何も考えてなかった」が真実でしょう。

でも、そのまま一生を終われるほど、甘くはないです。終わらせるかっていうか、このままだと離婚です。

(まれに、家事や料理が好きな女性もいますね。羨ましい。)

平日の料理をやめてみる

昔、職場の先輩(男性)が言っていました。

「うち?うちは平日に料理を作るのはやめたよ。お互い働いてるし、買ったもの食べようって。俺は納豆があればいいし。」

いいですね~そういう考えを男性の方からできるっていうのは。

いいなぁ~いいなぁ~と思っていたけど、結局我が家も平日の料理はオールナッシングになりました。

夜ごはんはいらない

結婚当初は、かなり無理をして晩ごはんを作っていた時期もありました。しかし、平日の夜、そんなに食欲がないというのです。そして私が作る料理が重たいと。


(夫)「そばとか軽いものがいい。」

と言われたんですけど、毎日そばでも嫌がるし、あっさりしたもの=簡単ってわけでもないし。

(夫)「平日の夜ごはんいらない」

と明確に、言われて止めました。(はっきり言ってくれると助かる)


(妻)「えっ!(嬉)」

最初、すこーしだけ抵抗した私。これも『良い嫁像』がゆえ。でも今思えば、お互い働いていて、毎日料理ってすごすぎる。

っていうか、大の大人が自分のごはんぐらい自分で何とかすればいいんだよなと思いました。

朝ごはんはやめた

朝ごはんは準備して、会社近くで食べたいという夫の希望で、朝持たせていたんですが、喧嘩きっかけで、弁当とともにやめました。

「感謝がない」が私からの言い分だったと思います。

朝起きて夫は自分の身支度するだけ。

一方の私は、ゴミを集めて出して、ペットの世話して、夫の弁当と朝食を準備して、洗濯してって、朝忙しかったわけで、この辺のストレスは溜まってました。

朝ノン活だね。

「ゆっくりコーヒーでも飲もう」

弁当やめた

弁当は節約になるから本当はやりたかったんだけど。

節約のため、お弁当を作っています\(^o^)/ 一日外でお昼を食べたとして500円。お弁当箱に2,000円かかっても4日で回収♪ 買...

男の弁当箱は大きい。大きいんだよ。。おかずも結構必要なんだ。

そして、文句言うんだよね。味のついてない野菜は嫌とか。

というわけで辞めました。

平日の料理をやめるとすごく余裕ができるけど・・・

そりゃそうだろって感じですが、平日の料理をやめると、すごく時間と心の余裕ができます。

めんどくさければ、自分は食べなきゃいいだけで。

ただね、食費は夫婦で月6万円以上かかります。一人暮らしの時3万円くらいだったので、結婚してからぜーんぜん節約効果ないな。

休日の朝・昼の料理をやめてみる

休日の朝・昼ごはんは各自で準備。夕食は私が主に作ります。

平日の料理をしないということで、休みの日の朝食とか(私的に)頑張ってたんですが、家事のことで何度か喧嘩している間に、これもやめようということになって、夫からの提案という形でやめました。

もともと、朝寝坊大好きな人間なので

休日はごはんの心配なく眠れるのが幸せです。

料理を家事から切り離す

家事の分担を話し合ったとき、料理を家事から切り離すことにしました。料理は労力が大きすぎて、これを家事にすると永遠に家事の分担の話が進まないと思ったからです。

『料理は愛情で、作りたい方が作る。』

が我が家の基本です。唯一残った休日の夜ごはん

(妻)「私が作ることが多いけど、義務でないからね」

と何度もくぎをさしています。そして、私が忙しい時、遊びに行くとき、体調が悪い時は作りません。

それに対して、私の心は多少痛む・・・(?)とまあ言っておこう。

(妻)「すみませんねぇ(作らなくて)」

とか言ってしまう私もいる。別にさ、妻が料理しなきゃってのも、もう呪縛だと思うんだけどね。

メシメシって騒ぐ方が作ればいいと思う

料理は本当に大変な仕事です。

・献立を考える
・買い出しをする
・調理をする
・配膳する
・洗い物をする
・テーブルを拭く
・調理場をキレイにする

毎回のこの作業も大変だけど、実は毎日料理するっていうことは

・栄養が偏らないようにメニューを考える
・食材を使いきれるようなメニューを考える
・余った食材ほ冷凍保存する
・残り物をリメイクする
・つくりおきをする

などなど。

そんな大変な労働を任せておいて、さらに他の家事も妻任せ。そんな中で料理に対する文句なんて言語道断です。

食べる資格なし( ̄Д ̄

そもそも、大人の女性は男性に比べてかなり、食の細い人が多いし、自分のために作っている部分って少なくて、ほぼ夫のために作っている。

だから言いたい。

「メシメシって、たかが料理にぐだぐだ言う方が作ればいいじゃん。」

「だよね~。」

わが家はきっとやらなさすぎの部類ですね。でも、こんな家庭もあるんだってことで、全然自分頑張ってるわ~って思える女性に自信を持ってもらえたら嬉しいです。

もし、夫婦間で理不尽な家事分担をしているなら、料理なんて堂々とやめればいいと思うんだ~。

最後までお読みいただきありがとうございました。

■【やめ家事】家事の総量を削減してきた話はこちら。(↓)

【やめ家事】やりすぎかもと思う家事をやめてみる~夫のお世話編

【やめ家事】やりすぎかもと思う家事をやめてみる~料理編

妻が(夫の)洗濯物を畳まなくなった日

洗濯乾燥機を毎日回したら、人生変わるかもしれないって感動( ^ω^)した話

洗濯乾燥機を買い替え「シワ抑えコース」の乾燥でシャツのアイロンもやめられた

2人暮らしでも食洗機を買った結果(分岐水栓が取り付けられない)

【らく家事】洗濯がどんどん楽になるアイデア

■家事分担に関する話はこちら。(↓)
家事分担表が意外にも夫に受け入れられた話(Excel付き)

結婚前の私に伝えたいこと「一人で家事を担うべきではない」結婚した後も幸せだと言えるために

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする