【節約】共働きの家計簿のスマートなつけ方 お勧めアプリ

共働きの場合、財布が独立していて、給与振り込み口座も別々で、何となく双方が生活費を負担しているのだけど、家計の正確な状態がよくわからない、と悩むことがあるのではないかと思います。

エクレア家では、結婚当初からアプリを使って夫婦で家計簿を共有してきました。
そのため、それぞれが自分の銀行口座、カードを使いつつ、この家の家計の全体像は結局どうなっているんだ?ということが分かるようになっています。

今日はエクレアが使っている家計簿アプリの基本的な使い方と、エクレア目線での便利な使い方をご紹介したいと思います。

スカイツリーに登ってきました。

スポンサーリンク

目次

  • 家計簿管理のアプリ「Zaim」(「マネーフォワード」比較)
  • 基本的な使い方(入力する、見る)
  • 銀行口座、クレジットカードの連携
  • 便利な使い方①(支出分類を自分好みに設定する)
  • 便利な使い方②(クレジットカードの支出に内訳を登録できる)
  • 使用上の注意点(使いづらいところ)
  • 有料会員or無料会員どちらにすべき?

家計簿管理のアプリ「Zaim」(「マネーフォワード」比較)

エクレアは、「Zaim」という家計簿アプリを使っています。
使い始めたころ、「マネーフォワード」がCMをバンバン打っていた頃です。

家計簿アプリを検索して、大手の「Zaim」「マネーフォワード」の無料版でどちらにしようか迷っていたのですが、結局は「Zaim」の方を選びました。エクレアの家計簿に対する願いに合っていたからです。

    • 支出分類を自由に決めたい
    • クレジットカードの支出分類を複数入れたい

1点目「支出分類を自由に決めたい」

エクレアは分類は結構自由につけたい性分です。「家賃」「光熱費」などのノーマルな分類のほかに、「〇〇特別費」とか。自分でしか当てはまらないような分類とかも作りたかったです。

2点目「クレジットカードの支出分類を複数入れたい」

家計簿アプリを使い始めたころ、ネットスーパーを利用しはじめた頃でした。
ネットスーパーで買うものって、「酒(=ぜいたく費)」「食品(=食費)」「日用品(=雑費)」っていうものがごちゃまぜで5,000円とかになります。それを、どれか一つ「食費」とかって分類しろと言われても、ちょっと不便。
毎回のクレジットカードの利用について、分類と金額が登録できるのが理想です。5,000円のうち、2,000円が「食費」1,000円が「日用品」2,000円が「ぜいたく費」など。

結局上の2点で無料版をそれぞれ試したところ、マネーフォワードでは不可、Zaimは可のようだったため、Zaimの方を使っています。

・・・あ、エクレアは「Zaim」の回し者ではありません(笑)。単純にエクレアに合っているというだけですので、その点ご了承ください。

基本的な使い方(入力する、見る)

ここから先はエクレアが使っている「Zaim」というアプリになります。

使っているうちに、いろいろな機能はマスターすればいいとして、ここでは最初に使いそうな超基本の機能から。

入力する

起動すると「レシート入力」「通常入力」「×閉じる」ボタンが出てきます。「通常入力」をクリック。

「金額」「メモ」「支出分類」「支出元」を入力して登録。

これでおしまい。「レシート入力」はレシートパシャリで取り込む機能。でも手入力の方が楽なので、使いません。

見る

履歴を見る。

すべての履歴を日付の降順に見ることもできるし、支出元(お財布(夫)、お財布(妻)とか)ごとに見ることもできます。

1カ月の支出分類の円グラフ、と内訳。(まだ月締めてないのでお安いですが例として)

銀行口座、クレジットカードの連携

基本的な使い方に慣れてきたら、いよいよ夫婦の金融機関の連携にトライです。
夫・妻の銀行口座、クレジットカードを連携させます。

メニューから「金融機関」を選択します。

・・・すみません、この先省略です。
連携先の銀行、クレジットカードにより異なります。

設定するのは「銀行orクレジットカード種類」と、それぞれの金融機関のWeb明細を見るときのID,パスワードなどを登録します。
これを保存しておくことで、無料会員なら1日1回、有料会員なら随時、明細が反映されます。

便利な使い方①(支出分類を自分好みに設定する)

Zaimは分類を自由に決められます。

メニューの「カテゴリ設定」から設定します。

エクレアの例。大分類はこんな感じです。「住まい」「食費」とか。

さらに「内訳」をクリックして小分類を作ります。これは「水道・光熱・通信」の小分類です。
「携帯(夫)」とか「携帯(妻)」も分けています。

こうして分けておくことで、月の集計も大分類・小分類レベルで見ることができます。

便利な使い方②(クレジットカードの支出に内訳を登録できる)

これは、エクレアが一番気に入っている機能です。
クレジットカードの明細を開くと、「品目を追加する」というボタンが出てきます。これをクリック。「食費」で2,000円、「日用品」で1,000円など追加していきます。トータルで元の金額になるように気を付けましょう。カード明細を更新すると「残高ずれるかもよ」(『金融機関が入出金先に指定されている入力を追加・編集すると残高が狂うことがあります。』)っていう警告が出てきますが、それ以外でもずれていく時があるので、エクレアはあまり気にしていません。支出が分かればいいので。

使用上の注意点(使いづらいところ)

「通常入力」だけ使っていれば、問題ないのです。まずはこの機能から慣れていくことをお勧めします。

そのあと、家計簿が続いてきたら、「クレジットカード」「銀行口座」なんかの連携も試して欲しいのですが、時々困ったことになります。

  • 自動連携できない!
  • 2重で入ってくる!

この2つはいつも悩まされます。

1点目「自動連係できない!」件、無料版だと1日1回、有料版だと金融機関連携を実行した任意のタイミングで銀行・クレジットカードと連携可能なのですが、Web明細を参照するときに、ワンタイムパスワードとか入力する系のサイトだと、自動連係できません。
そのため、連携したいときに「追加の情報を入力」っていうものでワンタイムパスワードを入力する必要があります。

また、よくWeb明細を確認する画面で、時々、ログインの前に「メッセージがあります、お読みください。」とかのメッセージが出る場合もあると思うのですが、これが出ている期間だと、本体のWeb明細でこれをちゃんと読んで、出ないようにしておかないと連携できなくなります。

もろもろの自動連携できない事件がよく起こります。楽天カードはこういうの一切なくて、ストレスないのですが。

2点目「2重で入ってくる!」

2018/1/4 カードA 1,109円
2018/1/4 カードA 1,109円
2018/1/6 カードA 2,220円
2018/1/6 カードA 2,220円

は?おかしいやろ。ってなります。でも本体のWeb明細を見ると二重請求ではもちろんありません。これ、連携を始めた当初とか、よく起こります。

これが発生したら、片方の1件の明細をこつこつ削除します。更新するときに「残高ずれるかもよ」(『金融機関が入出金先に指定されている入力を追加・編集すると残高が狂うことがあります。』)っていう警告がまた出ますが無視します。

数日すると正常になりますし、残高もあってきます。
でも、やり始めたときにこういう現象が起こってしまうと、「やめようかな・・・」っていう気になるので、ちょっと、どうにかしたほうがええんちゃうか?とエクレアは思います。

有料会員or無料会員どちらにすべき?

無料会員で登録すると、プレミアム会員との違いページを見られます。エクレアは1年間ぐらい、有料会員(月360円)でした。

正直、有料会員の機能をあまり使いこなせなかったため、有料会員から無料会員に戻りました。
有料会員のとき良かったかたかなぁという点は
・明細がCSVダウンロードできる
・金融機関連携が随時でできる(無料版は1日1回)
・広告が出てこない
です。でも本当は使いこなせばお住まいの地域の控除情報とか取得できたみたいです。
その辺は面倒でできませんでした。

有料会員から無料会員に戻っても、その逆でも、それまでのデータはそのまま使えます。
無料会員になったら、もしかして1からやり直し?ってドキドキしましたが、その点は大丈夫でした。

有料会員は、機能が使いこなせる自信があれば、試してみたらいいかな~というのがエクレアの感想です、薄っぺらくて申し訳ない。

以上がエクレアが使っている家計簿アプリとエクレア目線での便利な使い方でした。

スカイツリー展望台からの眺め。天気は良かったのですが、もやがかかっていて、富士山は見えませんでした。

家計簿アプリを使うと、夫婦での支出が共有できるようになります。
夫からレシート全部もらって家計簿つけるとかって、妻にとっては負担だし、無理だと思うので。

アプリのいいところは、通勤時間などを使って、いつでも更新できることです。
月に一度、何時間かWeb明細とにらめっこしてExcelでなんやかんや、なんて手間も無くなります。

もし、試してみようかなっていう方がいらっしゃいましたら、少しでもお役に立てたら嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

※関連記事
・Zaimを使った変動費の管理方法についてはこちら→【お金】家計簿が続かない理由 変動費が大きくてやる気をなくすを無くす方法

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。